『タルイカ』ゲームで12kgオーバー大型本命堂々浮上【福井・敦賀】

『タルイカ』ゲームで12kgオーバー大型本命堂々浮上【福井・敦賀】

一度でいいから10kgオーバーのタルイカを釣りたいと、10月17日、福井県敦賀市敦賀港の遊漁船で単独釣行した。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

敦賀でタルイカゲーム

10月17日、福井県敦賀市敦賀港の遊漁船でビッグサイズの「タルイカ」を狙った。

今年で2シーズン目だが、昨年は釣果に恵まれず見事撃沈。今年はシーズン開始となる10月の新月に狙いを定めた。

集合時間は午後3時20分。乗船手続きを済ませ、くじ引きは5番目、左舷の17番。胴でキャビンの前となった。 アングラーは14人だ。それぞれ大型クーラーを持ち込み、4時前には敦賀港を離れた。

約1時間半でポイントに到着し、船長はパラシュートアンカーを打った。 「水深は240m、100~70mの範囲で始めてください」「多少潮の影響は受けるけれどジグは200g前後であれば良いです。釣り方はゆっくりと誘った後、しっかりとステイさせてください」と声がかかった。

『タルイカ』ゲームで12kgオーバー大型本命堂々浮上【福井・敦賀】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

私はいつものジギングタックルに使用ジグはアニサキスのタルブリッドグロー180gだ。

同船者に4kg級ヒット

PEラインの色を確認しながら、5色までフォールさせ50mから開始。5m間隔でフォールさせ、ゆっくりと誘って、約10秒ステイ。10色までくると今度は上向きに攻めを変えて、5回巻き上げてステイ。この繰り返しだ。

6時前に明かりがついて、水面下にはベイトが寄りだした。やがて70mラインでスルメイカが上がったとの情報が入り、70m前後を丁寧に探っていく。60mを過ぎると潮が効いているせいか、オマツリが増えた。

7時を過ぎたころ、右舷ミヨシのアングラーにヒット。すると今度は左舷のトモのアングラーも同時ヒットだ。水深は100mとのこと。 右舷のアングラーはラインが船底に擦れ、残念ながらブレイク。トモのアングラーは無事に船長の構えるギャフで取り込んだ。4kg程度だと言っていたが、初めて見るタルイカは大きい。

今度は自分の番と期待しながら、誘いを繰り返した。 時折スルメらしいアタリもあったが、本命のアタリはない。船上では疲れとアタリのない状況のなかで、休憩するアングラーもチラホラ出始めた。

その重み、もはや「岩」

突然船長からヒットとの声がかかり、水深は80mとのこと。私は100mラインにいたので80mまで巻き上げ、ゆっくり誘いステイをさせた。 と、その時だった。いきなりズシンとかなりの重量感が乗った。大きな岩のようだ。

船長からトモまで移動するように指示があり、複数のアングラーさんに巻き上げていただいてトモに移動。ゆっくりとやり取りを始めたのは9時50分だ。

ジリジリラインが引き出されていくので、少しドラグを締めて巻き上げ開始。5~6m巻き上げると、またジィィィーとラインは引き出されていく。一進一退の攻防を繰り返していると、先に掛けたアングラーのタルイカが水面下に現れた。

12.36kgタルイカ堂々浮上!

デカイ!優に10kgを超えている。取り込もうとしたところ強烈なジェット噴射で、また潜っていった。私は残り3色となったあたりからジワジワと寄り始め、水面下に大きなシルエットが浮かんできた。これも10kgは超えている。

バレないように慎重に寄せると、船長からそのまま後ろへ下がってとの指示。 船べりまで寄ってきたイカを船長は2本のギャフを打ち込んで見事に船上へ引き上げた。ブッシュー!と真っ黒な墨を吹き、船上は真っ黒。

続いて、隣のイカも上がってきた。これはさらにデカイ。船長は続けて取り込んだ。 写真を撮る船長から、もっと持ち上げてと言われたが重くて持ち上がらない。そして船長が差し伸べてくれた手にガッチリ握手。うれしかった。

『タルイカ』ゲームで12kgオーバー大型本命堂々浮上【福井・敦賀】2シーズン目でようやく念願叶う(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。