秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】

秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】

越冬前の荒食いで活性の高まるマダイを狙って、丹後半島の丸田丸からフカセ釣り。本命2匹にメダイ80cmもキャッチできた釣行をレポートする。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・片岡浩)

片岡浩

がまかつフィールドテスター。主に関西地方の日本海や太平洋で沖釣りをメインに活動しています、滋賀県大津市在住。

×閉じる

船釣り エサ釣り

丸田丸で完全フカセ釣り

10月18日(日)、日本海京丹後は網野の浅茂川漁港から、遊漁船・丸田丸(田末船長)にて秋のマダイを求め午前9時出船。約20分船を走らせ第一ポイントの水深80mラインに到着。船長が慎重に魚探反応をうかがい、アンカーを投入し船を立てる。

当日私の使用したタックルは、サオががま船真鯛スペシャル LVⅡMH、リールは手巻きのKAIKON4000T、ミチイトはフロロカーボン6号600m、仕掛けは真鯛吹き流し2本仕掛け10m(ハリス6号)。まきエサはマルゴオキアミL・LL、さしエサは爆釣革命3Lを使用した。

秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】当日のエサとタックル(提供:WEBライター・片岡浩)

エサまきで魚を寄せる

当日は緩い本潮(北上する流れ)で、風もなく海上は凪いでいるが、完全フカセ釣りには深場なので本命のタナまで仕掛けを入れるのに少々時間がかかる。同船者の方は頑張ってフカセ釣りをされているが、電動リールに巻いているミチイト300m流しても、回収すると仕掛けの付けエサが残ってくる状況であった。

そこで私は魚を船に寄せるため、オモリとカゴを付け船のミヨシから真下にエサをまくことに。同船者も徐々に仕掛けを重くして沈めていくうちに250m前後でエサが取られる様になった。

良型メダイが登場

そうしている内に私のサオが海面に突き刺さり、一瞬でハリス切れ。思わぬ大物であったが、この場所はメダイのポイントでもある。もしかしてと思いメダイのテンビン仕掛け(ハリス12号3m2本バリ)に変更しボトムまで落として仕掛け分巻上げると、またしても強烈な引きがサオに乗る。

慎重にやり取りしながらも最後まで強烈な引きをするのでメダイと確信した。10分ほど引きを楽しみ上げてきたのは80cmの脂の乗った立派なメダイであった。メダイは口が軟らかくよく引くので、大型はバレやすい。なので、テンビンにクッションゴムもしくはパイプテンビンを使うのがオススメだ。

秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】メダイ80cmをキャッチ(提供:WEBライター・片岡浩)

完全フカセでマダイ2匹

その後完全フカセに仕掛けを戻し、50cm前後の食べごろサイズの本命を2匹追加し、午後4時納竿。秋の日本海と大物の引きに満足して帰港した。

秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】食べごろマダイも御用(提供:WEBライター・片岡浩)

マダイはいよいよ食いが立ち、メダイはこれからがシーズンなので、ぜひ大物の引きを味わいに、日本海浅茂川を訪れてほしい。

<片岡浩/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について:丸田丸
秋の『完全フカセ釣り』で良型マダイ&大型メダイ手中【京都・丸田丸】

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。