3DAYS「シーバスゲーム」でランカー級本命&年無しクロダイ【木曽川】

3DAYS「シーバスゲーム」でランカー級本命&年無しクロダイ【木曽川】

9月30日~10月2日の3DAY、木曽川でシーバスゲーム。初日のランカーサイズから最終日の年無しクロダイと、熱すぎる3DAYをレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

初日に80cm超シーバス

1日目、ボイルが数々発生していた日だが、河川の水を少しなめてみると塩分濃度は濃かった。到着してわずか数投目、モンスターショット80/30gをキャストし沖の潮目を飛び越し、通常のスピードでリトリーブすると、潮目を通り越した辺りで突然ひったくるアタリがあった。

アワセを入れると水中で特有の首振り。通常のサイズだと水面でエラ洗いするが、今回はエラ洗いがない。シーバスは大型になるとエラ洗いはしない。まるでエイが掛かったように、ずっしりと重くなる。

かなりのパワーに、ロッドがミシミシと音を立てる。ゆっくり慎重に寄せると、仲間がライトで水面を照らし、「大きい!」と叫ぶ。仲間にランディングを頼み、無事にキャッチ。計測すると80cm超のランカーシーバスだった。写真を撮り優しくリリース。

3DAYS「シーバスゲーム」でランカー級本命&年無しクロダイ【木曽川】80cm超のランカー(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

再度キャストするとまたヒット。先ほどと全く同じポイントだ。次は水面でエラ洗いするが、なかなか寄ってこない。数分の格闘後、ようやくランディングに成功。78cm超のコンディションのいいシーバスだった。この日はここで終了。

2日目は75cm超!

翌日も満潮からの釣行だが、前日と違い塩分濃度が薄くボイルもなかった。潮止まり間際、デュエルソリッドバイブ55/10gに食いついてきたのは、これもまた75cm超のコンディションの良いシーバスだった。

3DAYS「シーバスゲーム」でランカー級本命&年無しクロダイ【木曽川】2日目は元気いっぱいの75cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

次のページで年無しクロダイも登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。