ブリ&イサギ狙いのリレー釣行 両本命とも高活性でヒット連発【徳島】

ブリ&イサギ狙いのリレー釣行 両本命とも高活性でヒット連発【徳島】

10月18日、釣友二人と日和佐へブリ、イサギのリレー釣りに行ってきた。私はマダイタックルでの挑戦となったが、無事若ブリ2匹を仕留められたので、その模様をお届けする。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

日和佐沖でブリ&イサギ狙い

10月18日、釣友二人と日和佐へブリ、イサギのリレー釣りに行ってきた。

当日は徳島市内で釣友の横山さんと三宅さんと待ち合わせ、美波町日和佐に向かう途中で釣り具店に立ち寄り、赤アミの大を購入。これは前半のサビキ仕掛けの下カゴに入れるエサだ。「オキアミよりも高い。配合エサよりも高いなあ」とつぶやいてしまう。

東北で獲れなくて、量がないから高騰しているんだそうだが、赤アミ990円とは…。釣りは安く簡単にできる例えで「秋の波止場では100円あれば、1日アジ釣りができるよ」と人に説明していたのが、この話は過去の話になってしまうのであろうか。

さて、7時過ぎに日和佐港に到着してみると、横山さんの日和佐沖停泊の漁船2号艇は、ロープがピンピンである。潮が異常に高く、船が波止場からせり上がっている。水面は、今にも波止場を越してきそうである。今日は大潮だろうから、今日の徳島県内の朝が満潮である。高いのは、赤アミエビだけでなく、潮もであった。

サオがないのでハマチ狙い

目的の沈船ポイントに到着したが、うねりが大きいし、風も強めだ。イカリを下ろして船の位置を決めて釣り開始。待ち合わせの時に前半はブリ狙いと決まったときにわかっていたことだが、本日私が持参したのは軟らかいマダイザオ1本である。ブリを狙うには、パワーがたりないと思っていたが、持っている道具で釣るしかない。

「大きいのは食ってくるなよ。ハマチサイズでいいよ。」宣言すると、横山さんは不思議そうな顔をする。三宅さんは「そのサオでとれるよ。大丈夫。」と根拠がないが、自信満々で私に言ってくれる。「まあ、その時はその時。」と答えた。

過去にマダイザオでブリが一向に上がってこなくて、情けない思いをしたことを思い出したが、今日は忘れることにしよう。だって、走るのを止められず、切られるのもまた面白いんだもの。

落とし込みで若ブリ

ところが、アミカゴを付けた落とし込み釣りでは、エサのアジがすぐに食ってくる。プルプルとサオを揺らす感覚が小気味いい。

そのまま底まで落として待っていると、今度は、ギュイーンとサオが曲がる。マダイザオなので、根元から満月だ。ドラグをギュウギュウに締め込んでるのに、イトが逆転して出ていく。そして、逆転が止まったら、今度は巻き込み始めた。

「おー、寄ってきている。引き寄せているわ。あと10m。」と言うと、三宅さんがタモをもって横に並んでくれた。一発ですくってくれたのは、若ブリである。「やりーーやりました、(すってくれて)ありがとう。」

次のヒットは、魚がでかすぎて、ブレイク。横山さんと三宅さんもアジさえ付けば若ブリが食ってくる。2人も何匹かをバラしている。横山さんは4匹、三宅さんが3匹、私が2匹釣り上げたところで、9時過ぎになった。

ブリ&イサギ狙いのリレー釣行 両本命とも高活性でヒット連発【徳島】横山さんと若ブリ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

「イキス」へポイント移動

「ブリは9時までよ。」が口癖の横山さんに「もうすぐブリも終わりますか?」とたずねると「この前は、ずっと釣れ続いたよ。」との返事。それでも「港近くに戻りましょうか?」とたずねられたので、「オーケー。」と答える。

今度は日和佐港沖のイキスと呼ばれるポイントに移動である。

ブリ&イサギ狙いのリレー釣行 両本命とも高活性でヒット連発【徳島】三宅さんもブリをゲット(提供:WEBライター・濱堀秀規)

次のページでイサギ狙いに転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。