波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】

波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】

秋を迎えてようやく大阪南港もタチウオがシーズンイン。10月15日の釣行ではワインドや巻きに反応せず、目先をかえたミノーイングで今季初タチウオをゲットした。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

Avatar photo
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ミノーで連発!

しかもその後、もう1匹続いた。スレ掛かりのようだが、確実にルアーの頭を押さえにバイトにきたもので、それが反転して身体に掛かるという、捕食のちょっとドンくさいタチウオにありがちな掛かり方だ。

波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】2匹目はスレっぽい(提供:WEBライター・井上海生)

渋い時はミノーも有効か

まさかミノーで今年初タチウオゲットとなるとは、予想していなかった。とにかくタチウオ釣りではワームを優先してしまいがちだが、確かにこれまでの傾向を見ても、ワームがダメなときは徹底的にダメだ。終始アタらない。

そういう日には、プラッキングも有効なのだろう。私の中に、「ワームファースト、早めにプラグセカンド」というタチウオの新しいパターンができた。今後はあまり一つの釣り方にこだわりすぎず、柔軟にルアーチェンジして、効率的にタチウオをサーチしたい。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。