波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】

波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】

秋を迎えてようやく大阪南港もタチウオがシーズンイン。10月15日の釣行ではワインドや巻きに反応せず、目先をかえたミノーイングで今季初タチウオをゲットした。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でタチウオ釣り

いよいよ大阪南港でタチウオがシーズンインした様子だ。ネットの情報を見ていると、堤防からの釣果も出ている。年間を通してライトゲームばかりしている私だが、ベイトの気配はこの1カ月間、ずっと確認しているので、夕方から夜にかけて、ベイトを捕食にしにやってくる「海のギャング」を、本腰を入れて狙ってみることにした。

釣行は10月15日、17時50分に満潮を迎える大潮だ。北西3mという状況。釣行タイムは17~19時頃とした。

波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】夕マヅメにエントリー(提供:WEBライター・井上海生)

やや横風を感じるが、今回はライトゲームではないので問題なし。タックルセッティングはバスロッド7.1ftのMLクラス、リールは2500番ノーマルギアにPE0.5号、リーダー12lb、先糸30lb。個人的な感覚で、反応が悪くなると感じるワイヤーリーダーは使わない。

ワインド&巻きは無反応

時合いには夕方はメタルジグを投げている人を散見したが、私は底を取ってロストして…という展開を避けるため、最初からワームを使い、レンジキープを意識して、あまりボトムにタイトな攻め方はしない。まずはワインドでいく。

いつもはこの釣法で何かしら乗りきらなくても「ゴンッ」と一度くらい反応してくれるのだが、この日は気配がなかった。ベイトはそこら中に群れているのに…どうしたものか。

しかし、隣のウキ釣り師にはぽつぽつ釣れている様子で、タチウオがいないわけではないらしい。ならば釣り方が悪いのだと思い、私の方でも早めにリトリーブの釣りに切りかえ、よりナチュラルなワームの波動でバイトを待ったが、一切無視されたまま、時合いを終えてしまった。

ミノーにアタリが

時合いにアタりが一発でもないと、ナイトタチウオのルアーフィッシングは一気にボーズの不安度が増す。活性が高い時は、必ず時合いに何かあるものだ。だが、前述の通り釣れているエサ釣り師もいるので挫けない。日が暮れてからは、いろいろな釣り方を試した。

2inch級ワームの「止め」、バイブレーション、思い切って真っ暗闇にメタルジグ…どれも反応がない。プラグはあまり持たない私だが、ここでちょっと変化をつけてみようと思い、自作の蓄光テープを貼ったミノーを通してみた。

すると、ここでワンバイトきた。しかし、乗らない…。もう一度通したがダメだ。やはり目立つルアーには一瞬でスレるのか…。ならば、ともう一つだけ持ってきていた、ごく普通のミノーを通してみた。

ミノーチェンジで今季初タチウオ

目先をかえたその一投目で、巻き始めにドン!乗った。やっときた。

独特の縦に強烈に引き込むタチウオの引きに、今年も「こんなに引くっけ?」と思いながら、バラさないようにバラさないようにと、もしかしたら声に出ていたかもしれない、それくらいの気持ちで慎重に上げてくる。

魚体が水面に見えた時でも、絶対に気を抜かない。タチウオはバイトがへたくそで、ちゃんとハリ掛かりしていないことも多い。手前で頭を振られると、「手前こそ緩め」のドラグ設定を抜かっていると一瞬で外れる。

私は手前で思い切りタチウオに一回引き込ませておいて、おとなしくなったところでドラグを締め、そこからおもむろに抜き上げた。待望の1匹は指3~4本級だ。今年の初タチウオ。やはり釣れてくれると嬉しい。

波止タチウオゲーム開幕 ワインド不発も『ミノー』で連発【大阪南港】今季初のタチウオはミノーで(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでミノーで連発!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。