初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選

初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選

「最も基本的なリール」とも言えるスピニングリール。今回は初心者にありがちなトラブルとその対処法を解説します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

その他 お役立ち

スピニングリールとは

スピニングリールは海水・淡水問わず、多くの釣りで基本となるリールです。慣れてくればキャストも容易なので、これから釣りを始める方はまずスピニングリールを使いこなせるようになると、釣りの世界が一気に広がります。

初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選スピニングリール(提供:WEBライター・杉本隼一)

初心者でも扱えるといっても、慣れない内はどうしてもトラブルがつきもの。筆者も釣りを始めたばかりの頃は、リールのトラブルが多発して苦労した記憶があります。大まかで良いので、あらかじめリールの構造や部品の名称を覚えておくと、万が一トラブルが発生したときに、自分でも対処しやすいです。

トラブルが起きやすい箇所

過去に何度か釣り場で初心者のリールトラブルを対処しましたが、トラブルが起きていた箇所を振り返ると、

・スプール
・ドラグ
・ストッパーレバー

の3箇所でのトラブル発生が多かったように思います。どのようなトラブルになりやすいのか見ていきましょう。初心者にありがちなスピニングリールのトラブル3つを紹介します。

初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選各部の名称(提供:WEBライター・杉本隼一)

1. メインシャフトへのライン巻き込み

ラインがスプールとローター部分の隙間から内部に入り込んでしまい、内部のメインシャフトに絡まってしまうトラブルです。ラインがたるんだ(テンションが掛かっていない)状態でリールを巻いてしまうと、スプールの糸巻き部分から外れた場所にラインが巻き取られてしまうことがあります。

この状態に気づかず巻いてしまうと、メインシャフトに絡まったラインがぐちゃぐちゃに…。重症の場合は絡まったラインを外すのに苦労することも多く、初心者に起こりがちなトラブルです。

対処法

もし、ラインがスプールの内部へ巻き込んでいるのに気づいたら、なるべくハンドルを回さないように気をつけて、スプールの上部にあるドラグノブを反時計回りに緩めてスプールを取り外します。

初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選スプールを取り外す(提供:WEBライター・杉本隼一)

絡まってしまったラインを丁寧に取り除き、あとはスプールを装着してからドラグノブをかぶせ、時計回りにドラグを締めればOK。このトラブルを防ぐためには、ラインがたるんだ状態で巻き取らないことを意識し、変な場所にラインが巻き取られていないか、こまめにスプール周辺をチェックすることが重要です。

2. ドラグが緩すぎて巻き取れない

リールには「ドラグ」という機能が付いていますが、これが緩すぎるとラインを巻くために負荷が掛かった際にドラグが逆転してしまい、巻いてもラインが巻き取れません。

また、アワセ(魚にハリを掛ける動作)のときにドラグが緩すぎると上手く力が掛からないので、魚にハリに掛からずバラしてしまうことも。他にも、不意に負荷が掛かった時にラインが必要以上に出てしまうこともあり、ライントラブルの原因になることも多いです。

対処法

ドラグが緩すぎる場合は、スプールの上部にあるドラグノブを時計回りに回して締めます。釣り物にもよりますが、基本は少し強めにラインを引っ張ってスムーズに引き出せる程度に調節しておくと安心です。締めすぎてガチガチにするのはラインブレイクに繋がることがあるので、控えておくのが無難。竿を出す前にドラグが緩みすぎていないか確認しておくと、慌てずに済みます。

初心者にありがちな『スピニングリール』のトラブル&対処法3選ドラグノブを調整(提供:WEBライター・杉本隼一)

次のページで3つ目のトラブル&対処法を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。