ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】

9月20日(日)に解禁した山梨県西湖のヒメマス・ワカサギ釣り。そこで、9月22日(火・祝)にヒメマスを狙って釣行し、制限尾数(30尾)を達成することができた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ボート釣り

西湖でヒメマス釣り

山梨県西湖のヒメマス・ワカサギ釣りが9月20日(日)に解禁。

9月22日(火・祝)の5時に現地のボート店に到着した。目の前には薄らと初冠雪の富士山が鎮座する。気温は12.5度。ここ最近では初めて寒く感じた。

受け付けを済ませ、出艇時間の6時を待つ。店主に釣況を聞くと「解禁日、2日目と半数の人は制限尾数(30尾)に到達。タナは15~20m」とのこと。

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】湖央の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

18cm本命をキャッチ

砂浜からボートを押し出すように出艇。魚探を確認しながら、ポンプ場前、津原と左回りに湖央へと漕ぐ。

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

水深16m付近でいい反応があった初音沖のブイにボートを係留して釣り開始。

エサはイクラと紅サシを用意(寄せエサやコマセ類は禁止)。まずは、3本竿(西湖では1人5本竿まで可)で水深16、18、20mそれぞれのタナをチェックすると、すぐにアタリがあり、18cmのヒメマスが上がってきたが、その後が続かない。

午前は小型主体に7尾

「群れが回ってくれば」と気長に待ってみたが、1時間待ってもアタリなし。

長崎沖へと移動したが、ここでも、係留直後の投入でアタったが、釣果は2尾。

「前日までと何が違うのか」を考えながら移動を繰り返す。10時までに5回移動したが17~22cm7尾。例年釣れる15cm以下は交らなかった。

釣果が伸びないのでボートを係留せず、風に流されながらのトローリングに変更。だが、これも1時間半アタリなし。

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】西湖ポイント略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

午後は良型ぞろい

休憩を兼ね、近くにあった湖央のブイにボートを係留して昼食。すると、3本の竿がフワッと動く。

昼食のため殺気が消えたのが奏功したのか、それとも大きな群れが回って来たのかは分からないが、この釣りらいしい大忙しが始まった。

この30分でそれまでの釣果を上回る10尾で22~25cmの良型ぞろい。

群れは去ってしまったが、この日の感じだと、いくら移動してもこれ以上は望めなさそうなので、じっくりと群れを待つ。

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】銀毛個体の二年魚(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

アタリタナは16m

その1時間後、再び群れが回ってきた。アタリがあるのはタナ16mの竿。そこで、アワせたら残りの竿も同じタナにして仕掛けを回収。さらに7尾を追加。

40分後にも群れが入り、バタバタと釣れ、制限尾数まで残り2尾。

ヒメマス解禁釣行で制限尾数30尾達成 回遊待ちが奏功【山梨・西湖】婚姻色の出た三年魚(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

次のページでついに制限尾数を達成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。