ショアからの「キャスティング・タイラバ」でマゴチ2尾【天草・鬼池港】

ショアからの「キャスティング・タイラバ」でマゴチ2尾【天草・鬼池港】

あいにくの雨模様の中、熊本県天草にショアからの五目釣りへ。マゴチ狙いは的中、そして早朝には強烈シーバスとアツいやり取りができた釣行をレポート。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池港でマゴチ釣り

9月15日は、通詞島(つうじしま)に行く予定だったが、先日の台風で先端の常夜灯が壊れ、点いてないとのことで、手前の鬼池港でマゴチを狙うことにした。

ショアからの「キャスティング・タイラバ」でマゴチ2尾【天草・鬼池港】鬼池港広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

鬼池に着くと先行者が1人。カゴでのアジ釣りだが、30m飛ばしても掛かってくるのは豆アジだとか。

タイラバで40cm級マゴチ

足元を見ると一面豆アジだらけ。「これだけいれば何かフィッシュイーター入ってないかな?」。

キャスティング・タイラバを準備し、潮上にキャスト。

ショアからの「キャスティング・タイラバ」でマゴチ2尾【天草・鬼池港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

底を取り、引いてくる。「う~ん底潮効いてないな」。何投かしているうちに「お、効いてきたな」。すると「ゴッゴッ」「持っていって~」「ジィー!」「乗ったけど小さいな。頭は振るけど引きのトルクがないな、アイツかな?」。上がって来たのは40cmあるかないかのマゴチ!「やっぱりエサ食いに来ていたか」。写真を撮り、次を狙う。

リトリーブで2尾目のマゴチ

ここでカゴ釣りの人が豆アジに嫌気を差し、釣り場を後に。それにしてもすごい数。時折、下からカマスが豆アジ向けて突進!「カマスか~。あと1か月もしないうちにブリのカマスパターンかな」。

そんな先のことを考えながらリトリーブしていると、待望の2度目のアタリ!「お~今度はサイズアップかな」。ドラグを滑らせ慎重に寄せてきたのは、先ほどよりサイズが少し上がったマゴチ!「ほかの魚がいい……」。

潮が下げに入り、圧がなくなったため仮眠。

ショアからの「キャスティング・タイラバ」でマゴチ2尾【天草・鬼池港】良型をゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

早朝にシーバス狙い

早朝の午前5時30分、小雨がパラつく中、今度はシーバスを狙う。

ルアーはモンスターウェイク。流れに乗せてドリフトで流していく。「ポイントまであと少し♪ 出ろ!出ろ!」「ドバッ!」。強烈な捕食音とともにロッドに重みが!

会心のアワセが決まり、今からという時に豪快なエラ洗い!その瞬間、ロッドから重みが消えバラシ!「もったいないことしたな~」。

気を取り直し再開するが反応がなくなり、雨が強くなってきたため帰路に就いた。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鬼池港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。