釣り人的『シリコンスプレー』活用術3選 使い方はアイディア次第

釣り人的『シリコンスプレー』活用術3選 使い方はアイディア次第

ホームセンターなどで販売されているシリコンスプレーは、釣りにも役立つ。今回はシリコンスプレーの、釣りにおける3つの用途について紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

1. ロッドガイドのメンテナンス

釣行後、ロッドのガイドは、釣り人は誰でもきれいに水洗いしているはず。管理にも十分気を遣っていることだろう。私もこまめにサビ取りなどもして、塩害を蓄積させないようにしている。

しかし、それでも細くても強力なPEラインを使っていると、どうしてもガイドの状態はだんだんと悪くなってしまうものだ。目には見えないような「削れ」がガイドリングにできてしまっているのだろう。長く使い込んでいると、特に強度がそれほど高くないようなハードステンレスガイドは、露骨にイト抜けが悪くなったりする。

そういうときには、ガイドにシリコンスプレーを吹いてみてほしい。「削れ」が回復するわけではないが、滑りがよくなるので、イト抜けの悪さは改善される。つまり、単純にリグを投げるときの「飛距離」が伸びる。

釣り人的『シリコンスプレー』活用術3選 使い方はアイディア次第ガイドに吹き付けてメンテナンス(提供:WEBライター・井上海生)

特にリグの巻き込みなどをやってしまいがちなトップガイドはこまめに吹いてやるといいだろう。ただ、目に見えて削れている状態がわかるときには、交換した方がいい。

2. ブランクスもキレイに

これは美観の問題だけだが、ロッドのブランクス。ここにもシリコンスプレーを吹き付けると、非常にきれいになる。表面が艶やかになって、気持ちよく使える。

釣り人的『シリコンスプレー』活用術3選 使い方はアイディア次第ロッドのブランクスをシリコンスプレーで磨く(提供:WEBライター・井上海生)

3. ラインのメンテナンス

海釣りにおいてもっとも塩害を受けやすいもの、それは「ライン」だ。細いナイロンラインを一日使ってみればわかるが、すぐにズタズタになる。それくらい海水の力は強いのだ。

もちろんこれは、ソルトではメインラインとして主流になっているPEラインでも同じこと。目に見えて褪色しているようなPEラインは、おそらく、相当劣化している。表面を顕微鏡で覗いてみれば、ささくれ立っているような状態だろう。使い込んでいるPEラインには、シリコンスプレーを吹いてやるべきだ。

これで劣化が戻るわけではない。つまり、PEラインの強度そのものは、劣化したそのままである。しかし、シリコンスプレーを吹くことで、確実にガイドを通っていくラインの放出は滑らかになり、飛距離が向上する。

釣り人的『シリコンスプレー』活用術3選 使い方はアイディア次第ラインに吹き付けて飛距離向上(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに、色艶もよくなる。古いPEラインも輝くため、気分がいい。

次のページで使用の際の注意点を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。