【東海2020】岸壁シーバスゲーム攻略法 ルアーにひと手間が秘策?

【東海2020】岸壁シーバスゲーム攻略法 ルアーにひと手間が秘策?

水温低下とともに衣浦港にベイトを追ってシーバスが入り、大人気の秋シーズンが開幕!今回は「岸壁」でベイトを待ち構えているシーバスの攻略メソッドを紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

『岸壁シーバスゲーム』の魅力

岸壁狙いのシーバスゲームは、ベイエリアのコンクリートで形成された岸壁にルアーをトレースしシーバスを狙う釣法です。

シーバスはストラクチャー(障害物)に付いてベイトを捕食する習性があります。その習性を利用し、ルアーをタイトに岸壁をトレースしてシーバスにバイトさせやすくします。また、岸壁は日差しの方向性でシェード(日陰)となるので、デイゲームでもイージーにシーバスがヒットすることが多いです。

【東海2020】岸壁シーバスゲーム攻略法 ルアーにひと手間が秘策?秋は岸壁際のシーバスゲームが面白い(提供:WEBライター・杉浦永)

オススメルアー

主に使うルアーは7mm~10mmほどのロングリップタイプのミノーやショートリップタイプのミノーを使用します。最大潜行深度は80cm~2mほどまで潜るミノーです。

また岸壁ジギングも効果的で1ozくらいのジグにアシストフックを搭載させてボトムからサーフェスまでのオールレンジを探ることができます。

【東海2020】岸壁シーバスゲーム攻略法 ルアーにひと手間が秘策?お勧めのルアー(提供:WEBライター・杉浦永)

タックルセッティング

次に、使用するタックルについて紹介します。

筆者の場合、ベイトタックルでティップからベリーまでハリが強く、バットパワーの強靭なロッドを使用しています。流行りのロッドはティップが軟らかく掛かり重視のロッドが多いですが、船長として操船もしなくてはならず、操縦席からのキャスティングすることが多いため、ハリがあってルアーをキャストする際は力を入れて反発的にロングキャストができるロッドを好んでいます。

しかし、操船しないのであれば、近距離戦や細かいキャスト、掛かり重視ならばティップがライトでバットパワーのあるロッドの方が使いやすいと思います。

メインラインはPEライン1.5号、リーダーは20lb程度で、根ズレ防止のために敢えて太いラインを使っています。

【東海2020】岸壁シーバスゲーム攻略法 ルアーにひと手間が秘策?筆者のタックル(提供:WEBライター・杉浦永)

次のページでルアーの使い分け法を解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。