【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。指7本サイズのドラゴン交えタチウオ快調。最盛期に向けて期待大!

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第三Soyamaru)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:共栄丸

9月12日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、有明海へタチウオ釣りに出船。指幅6本サイズのドラゴンクラスを筆頭に1人25~30尾と釣果順調。数も上向いてきており、今後さらに数釣りが期待できる。タイラバ、テンヤでマダイ釣りも出船中。80cm超えの大ダイを釣った人もおり、今後も好土産が有望だ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々大型交え数も上向き(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

熊本県:海人丸

9月13日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、有明海へテンヤ、タイラバのマダイ釣りに出船。マダイは50cm超えの良型を筆頭に約30尾。アコウやアラカブも追加し、好土産となった。写真の江見健人くんも良型マダイを披露してくれた。今後も多彩な釣果期待大だ。タチウオも出船中。指幅6本サイズ交え数有望。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々タイラバで良型マダイ(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々

大分県:みくに丸

9月12日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖のタチウオ釣に出船。写真を見ても分かるように、この日はナイスサイズのタチウオが釣れた。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々大型キャッチ(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

大分県:照陽

9月14日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船すると、前半~後半にかけて順調にヒットし指7本や指6.5本のドラゴン級も上がり賑わったようだ。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々ドラゴン退治だ(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

9月12日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが大分沖の夜焚きイカ釣りに出船すると、序盤から順調にケンサキイカが釣れだしたものの、潮が行きだすと徐々に食いが悪くなり釣る人で30尾前後の釣果。渋い状況ながらも良型がよく交じってきたようだ。夜焚きイカ釣りも終盤戦、釣果などの詳細は船長まで。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々夜イカ良型交じり(提供:第一Soyamaru)

第三Soyamaru

9月13日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りに出船すると、前半からぽつぽつヒットする好況。潮止まりに反応が固まらない時間帯もあったようだが、ご覧のような良型タチウオもバッチリ釣れている。船長は「今年は例年よりも小さめの群れが入っていますが、一潮ごとに良くなっていくと思います」と話す。

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々タチウオ大型(提供:第三Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【熊本・大分】沖釣り最新釣果 『ドラゴン級』含み良型タチウオ続々

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。