伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】

9月10日に愛知・西浦漁港の隆盛丸から好調続く伊勢湾のオフショアゲーム。タイラバ&ジギングでマダイやタチウオをキャッチした釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾でタイラバ&ジギング

今年は長雨、猛暑、台風と安定しない気候が続いていたが、9月半ばに差しかかってようやく落ち着きを見せ始めた。同時に伊勢湾のオフショアゲームでは、大型青物は一服状態であるものの、タイラバで小~中型マダイ、ジギングでタチウオなどが好調に釣れ始めた。

といっても状況が毎日変わるのが当たり前の伊勢湾だけに、あらゆる状況に対応できるようジグやタイラバを用意、ずっしり重くなったドカットを抱え、西浦へと向かった。

隆盛丸で伊良湖沖へ

当日、隆盛丸の出船は午前5時30分。開催中のジギングバトルにも参加の旨を船長に伝え、受付を済ませて左舷胴の間にタックルを積み込んだ。

まずはタイラバから、ということで船は一路、伊良湖沖のポイントを目指してひた走る。40分ほどで到着し、船長の合図でいよいよ釣り開始だ。

現在釣れているマダイは40cm前後の食べごろサイズが中心で、中にはリリースサイズやびっくりするような大ダイがヒットすることもあるらしい。

タイラバに早速ヒット

また水深が40m前後と浅いため、シルエットが小さいタングステン製のシンカーが有利。それも底を取れるギリギリの重さが理想なのだが、根掛かりも多いため高価なタングステンを使うにはためらいが…。

貧乏性の私は鉛の90gで開始。と、右舷ミヨシで釣っていた地元蒲郡の山本さんのリールから、心地よいドラグ音が聞こえてきた。見るとライトロッドが大きく絞り込まれており、見ているだけでも楽しい。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】マダイとファイト(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

美形マダイ50cm超え

やがて浮いてきたのは伊良湖沖特有の尾ビレが大きな40cmほどの美形マダイ。まずは幸先のいい1匹に笑顔の山本さん。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】朝の時合いにマダイ40cm(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

そして次の流しでも山本さんにヒット。今度はサイズアップした50cmオーバー。こちらもピンク色がきれいな美形だった。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】連発で50cmオーバー(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

ヒットカラーはオレンジ

続けて隣で釣っていた豊橋の金子さんにも40cmクラスのマダイがヒット。聞けば2人とも80gのタングステンシンカーと、オレンジのカーリータイプのネクタイを使っている。また「結構で上で食いますよ。10mぐらい巻いたタナかな」とのこと。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】金子さんはこのサイズを2匹(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

船長によれば、とにかくヒットパターンを見つけるために、シンカー、ネクタイ、巻きスピードとひと流しごとに変えていくことが大事らしい。ここで私もシンカーを鉛の75g、ネクタイを釣った2人のまねをしてオレンジのカーリーに替えてみた。

すると、底から10m巻いた辺りで待望のヒット。独特の三段引きがたまらない。船長のネットサポートで取り込んだのは、これまたきれいな食べごろサイズのマダイだった。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】伊勢湾のマダイは美しい(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

旬の極太シーバスも

その後、再び山本さんにヒット。今度はマダイの引きとは少し違うようだ。「あまり引かないな…」と巻き上げてくると、海面下に銀色の魚体がギラリ。「シーバスだ!」と船長の声とともに、70cm近い極太の良型がネットに収まった。今が旬のシーバス、これはうれしいサプライズだ。

伊勢湾タイラバで良型本命連発 ジギングでタチウオも【愛知・隆盛丸】サプライズは極太シーバス(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページでタチウオ狙いに転戦!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。