御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】

9月11日、静岡県御前崎市の第八共栄丸に乗り、ジギングでカンパチを狙った。本命以外にイナダやイサキもキャッチできた釣行をレポートしたい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

第八共栄丸でジギング

9月11日、静岡県御前崎の第八共栄丸に乗り、ジギングでカンパチを狙う。

今年の御前崎沖はカンパチの当たり年と言われている。初夏以降、数kg台のサイズが連日のように顔を見せ、機会こそまれだが、10~20kg台の大物もキャッチされている。

午前5時すぎに出船、船は御前崎の南東沖にある水深60mほどのポイントに入った。当日は、シケ後の平日とあって乗船者も少なく、ドテラで流すため、ヒットパターンを探るべく、川口船長もロッドを出してくれた。

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】乗船した第八共栄丸(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

私はまず大型に夢をはせ、PEライン3号を巻いたタックルに220gのジグをセット。底から15mぐらいまでをジャークパターンを変えながら探っていく。

当エリアでは、カンパチをスローピッチで狙うのが主流だが、ベイトの種類や活性によっては、ハイピッチが有効なケースもある。まずは高活性な個体からアプローチしていくべく、ハイピッチとした。

船長にマダイ50cm

しばらくやっていると、スローピッチで攻めていた川口船長にヒット。上がったのは50cmアップの食べごろサイズのマダイ。ヒットジグはウロコジグ200g。このサイズのジグを食ってくるということは、大きなベイトがエサになっているようだ。

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】朝イチに船長がマダイ手中(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

その後、PEライン2号を巻いたタックルに変更し、ジグのサイズも落とし、遅めの誘いに変えるなど試していったが、カサゴや、30cm前後のイサキがポツポツヒットするだけで、カンパチやハタなど大型魚のバイトがないまま、すっかり日も高くなってしまった。

鳥山狙いでハマチ

ちょっと焦り始めた私と船長。この後、御前崎の先端西側の浅い岩礁帯に移動する途中、巨大なトリヤマに遭遇。前日に僚船の波丸では、カツオやハガツオがキャッチされていたので、もしやと期待し、これを攻めてみることになった。

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】巨大なトリヤマに遭遇(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

船長の巧みな操船で、トリヤマを散らさないようコンタクトに成功。軽くキャストし、中層からハイピッチでシャクっていく。残り20mを切ったところでヒット。

やがて姿を見せたのは、見慣れた顔のハマチ。5cmほどのイワシの稚魚を吐き出した。

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】正体はハマチ(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

これはカツオも大好きなベイト。今回は留守だったが、いずれチャンスはあるだろうと次回に期待することにした。

次のページでイサキが高活性!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。