【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調

福岡県から沖釣り最新釣果情報が入った。タチウオはドラゴンサイズ交えて釣る人50〜60尾。落とし込みでは良型ヒラマサや高級根魚が続々上がっている。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:優)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

誠幸丸

9月5日、北九州市小倉北区・高浜港の誠幸丸は関門海峡でのテンヤ釣りに出船した。マダイやヘダイ、コショウダイなど良型が好ヒットした。ほかにも、アラカブが釣れており、乗船者らは好土産を持ち帰っている。これからも多彩な釣果が期待できる。

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調良型好反応(提供:誠幸丸)
▼この釣り船について
誠幸丸
出船場所:高浜港

宝生丸

北九州市門司・大里港から出船中の宝生丸は、響灘に落とし込み釣りで出船中。ヒラマサは4~8kgが6尾。ほかにも、マダイやヒラメ、サワラ、アコウなど釣れており好調。エサ付きも抜群だ。10月、11月の土曜、日曜、祝日はすでに満員。平日は空きがあるので予約はお早めに。アンチローリングジャイロ搭載で横揺れを軽減し船酔いしにくく、女性専用のトイレもあり誰でも安心して楽しめる。

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調高級魚続々(提供:宝生丸)
▼この釣り船について:宝生丸
【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調

PONTOS・幸雅丸

北九州市漁協・若松支所前から案内中のPONTOS・幸雅丸は響灘に落とし込み釣りで出船中。エサ付きも良好で、ヒラマサ、マダイ、高級根魚など多彩な好土産が期待できる。大型バラシも多発中。これから好シーズン突入で大型交えた数釣りが楽しめる。夜焚きイカやタイラバ、ジギングも出船中で、多彩な釣果が楽しめる。

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調落とし込みでヒラマサ好土産(提供:PONTOS・幸雅丸)
▼この釣り船について:PONTOS・幸雅丸
【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調

光生丸

9月4日、北九州市若松区・北湊の光生丸がSLJ・ライトジギング・スロージギングで響灘に出船。序盤は深場狙いでアコウやアマダイなどをゲット。浅場に移動してからはアカハタ主体に好ヒットが続き、リリースサイズを多数釣る中でキープサイズも順調に釣れたようだ。今後の展開もますます期待。

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調4〜8kg続々(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

9月5日、福岡市中央区港のかもめ広場前からが博多湾内ゲームのタチウオ狙いに出船。今シーズンの最終戦となる出船。朝から好調にヒットしており、初心者もいい感じでタチウオをキャッチ。数土産できたところで、型狙いに。ドラゴンサイズ交え釣る人が50~60尾キャッチ。夫婦で乗船した人は最大幅9.6cm(ノギスで計測)を手中にしている。

【福岡】沖釣り最新釣果 ドラゴンサイズ含めタチウオ一人60尾と好調大型タチウオいただき(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年月9日18号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。