釣り人的「チヌ」と「キビレ」の違い どちらも釣り味最高の好ターゲット

釣り人的「チヌ」と「キビレ」の違い どちらも釣り味最高の好ターゲット

クロダイ(チヌ)とキビレチヌ。いずれも見た目は似ているが、明確な違いをご存じだろうか。今回は、この良く似た2種の魚の見分け方などを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

キビレはヒレが黄色い

キビレは正式名称をキチヌという。キビレチヌともいうくらい、チヌに似ているこの魚。そのチヌとの見分け方は、とてもカンタンだ。キビレは胸ビレ、尾ビレが、黄色がかっている。ヒレが黄色いからキビレだ。

釣り人的「チヌ」と「キビレ」の違い どちらも釣り味最高の好ターゲットヒレが黄色いのが特徴(提供:WEBライター・井上海生)

キビレは主に河川や河口域に生息する。チヌとキビレは、よく見ると違っているが、2つの魚の性質上、最大の違いといえるのは生息域で、キビレは外洋にはあまり棲まない。河口域、また湾奥の波止などに付くことが多い。

チヌは黒銀の縞

チヌの正式名称はクロダイ。これを主に関西圏でチヌと呼ぶ。特にキビレと呼び分けるために、関西圏では、本チヌ、真チヌという呼び方もする。キビレが非常に多く混在する大阪南港では、同じチヌ狙いでも、キビレがくると「まあ普通に釣れてうれしい」、本チヌがくると「よし!」という感じになる。

外見上の違いは、キビレのヒレが黄色いのに対して、クロダイはヒレにそのような色は混じらない。魚体は黒と銀で、黒銀の縞が目立つ個体もいる。全体にシルバーっぽいチヌも良いが、この黒銀縞模様がはっきり出ているほど、なんというか、個人的にはカッコいい魚だと感じる。

釣魚として釣れてくるサイズは主に、20~50cm。50cm以上を、「何年生きているか分からない」として、年無し(としなし)と呼ぶ。年無しを仕留めるのがチヌ釣り師の誉れだ。

釣り人的「チヌ」と「キビレ」の違い どちらも釣り味最高の好ターゲット年無しの風格ある顔つき(提供:WEBライター・井上海生)

チヌは遠洋にも生息

チヌの生息域は北海道~九州南岸までと広い。キビレとの最大の性質上の違いは、チヌは遠洋にも棲むこと。湾奥居付きの個体には独特のニオイがあり、キビレと同様、食用は避けられるが、沖で獲れたチヌは食味も良い。さすがにタイの仲間だけある上品な味わいである。

ちなみに大阪湾は、昔の言葉で「芽淳(ちぬ)の海」とも言われていて、そう呼ばれるほど昔からこの魚が多く生息していたらしい。いわば大阪湾の誇る代表的な魚種ともいえる。ただし、昔はチヌとキビレが混同されていて、「茅渟」にはキビレも含まれていて、逆にキビレの方が多かったと言う話もある。

釣れる場所について

釣りにおけるこの2種。釣り分けは、まあ、ほとんど不可能だ。どちらかの魚影が濃いポイントはあるが。同じチヌ釣りのターゲットとして、釣れたものを取り込むと良いだろう。

釣れる場所については、主に河口域。キビレもチヌも混在する。また都市圏の湾奥の、比較的水質がよくないイメージの波止にも、チヌやキビレが潜む。これを狙って釣るルアーフィッシングが、近年流行となっているチニング、ライトブリームだ。

前述の通り、キビレは沖には棲まないが、チヌは沖にも回遊している。ヘチのエサ釣りやルアー釣りで釣れるほか、まれにショアジギングのゲストとしても姿を現す。

両者とも、食性はほぼ同じで雑食だ。河口域や湾奥のものは、一般的な釣りエサのほか、鶏肉やスイカ、コーンなどのエサにも食いついてくる(生活排水にこれらのゴミが混じり、これを捕食することが理由らしい)。とはいえ、メインベイトは、小魚と小型カニ類となる。よって、ルアー釣りの場合はこれらをイミテートしたワームなどを使用する。

次のページで「釣り味の違い」を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。