初秋のオススメ釣りファッション:波止ライトゲームにジーパンが好適?

初秋のオススメ釣りファッション:波止ライトゲームにジーパンが好適?

ライトゲームに重装備は不要だが、押さえておきたいのがファッションと釣行アイテム。実は釣具と同じくらい、いやそれ以上に大切なポイントかも?

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

釣種によってはタモが必須

筆者が最近ハマっている釣りは、ライトブリーム。ライトタックルでOKなのだが、どうしてもタモが必要だ。何よりも、大型ゲストが来たときに悔しいのは、ライトラインで浮かせても、ランディングまで持っていけないこと。そんな思いをしないためには、チヌやシーバスなどのゲストがいる可能性がある場所には、タモは持っていこう。

初秋のオススメ釣りファッション:波止ライトゲームにジーパンが好適?ライトブリーム時の服装(提供:WEBライター・井上海生)

ライフジャケットは必携

そして、賢明な読者の皆さんのこと、すでにお気づきかもしれないが、陸っぱりでの釣りにおいてもライフジャケットは必ず着用しよう。海難事故は沖釣りよりも陸での釣りで多く発生している。

最近ではコンパクトなものが増えてきており、運搬も楽、そして、装着時の煩わしさもほとんどない。となれば、「必ず着ける」の一手であることは明白だ。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。