外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】

外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】

9月1日(火)、外房片貝の増栄丸からヒラメ釣りに出かけた。開始早々に3.1kgの良型が顔を出した釣行をレポートしよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

増栄丸でヒラメ釣り

9月1日(火)、千葉・外房片貝の増栄丸からヒラメ釣りに出かけた。

集まった6人の釣り人と乗船し、私は左舷ミヨシに座ってタックルの準備。5時10分、熱田正二船長の舵で出船。45分ほどで釣り場に到着。この日はどんよりと曇り、時折雨が交じる予報。北東風がやや強く、波が立っておりやや厳しいコンディション。

エサは活イワシ

釣り場に着くと、仲乗りが水を張った各自のバケツにエサの活イワシを3、4尾ずつ配って回る。「はい、いいですよ。水深26m。魚礁なので根掛かりに注意してください」という船長のアナウンスで開始。

外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

私は釣り座に備え付けてあるエサ用の小網でイワシをすくって、目を覆うようにして軽く握り親バリを口の中から上アゴの硬い部分に刺し抜き、孫バリは肛門付近に掛けてエサ付け。

エサ→オモリの順番に投入し、イワシが元気に泳ぐ姿を確認してからスプールをフリーにして、サミングしながら優しく仕掛けを海底へ送り込む。着底後はイトフケを取って底上50cm~1mを泳ぐイメージで底を切る。

開始早々にヒラメ3.1kg浮上

あいにくの悪天で船の上下動が激しく底を切っていてもオモリが底をトントンと打つのでその度にリールを巻き上げ根掛かりを避ける。

すぐに常連の清岡良一さん(船橋市)が巻き上げに入ると「はい、右ミヨシでヒット」と船長がアナウンス。タモを持った仲乗りがすぐに駆け付けると、巧みにタモへと誘導し後検3.1kgを上げて口火を切った。

外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】大判ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

高級魚も続々

船上はいきなりの良型出現にやる気がみなぎり「次は俺の番だ」とばかりに竿先へと神経を集中させる。

ふた流し目、右舷トモの坂田富男さん(千葉市)にヒット。縦縞のある高級魚マハタをキャッチすると、続けて1kg超えの本命を取り込む。左舷トモの五十嵐信吉さん(千葉市)は肉厚本命を上げたあと、良型マハタとカサゴのダブルを披露。

外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】高級魚を連発(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

青物フィーバーも

私の竿先に小刻みに弾むアタリ。本命とは違うようだが、念のため食い込みを待っているといきなり強い引き込みに変わる。さらに竿を立てると走り出し青物を確信。40cm超えイナダを上げた。ここでは群れが回っているようで各人次つぎに同魚を上げる。しかし、縦横無尽に走り回るためオマツリが増加。船長、仲乗りともに解消に努める。

青物フィーバーが収まると本命がアタり始める。左舷胴の間の工藤聖二さんは肉厚本命を上げると「あいにくのコンディションだが顔を見られてマハタもイナダも土産になった」とご機嫌だ。

外房ヒラメ釣りで3.1kg 好ゲストにマハタやイナダ【千葉・増栄丸】終盤に良型をゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

次のページで筆者にも本命のシグナルが!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。