【大阪湾2020】アジングが不調なワケ 40年に一度のハードモード到来?

【大阪湾2020】アジングが不調なワケ 40年に一度のハードモード到来?

2020シーズン、大阪湾のアジングは不調が続いている。アジング好きの筆者がその不調原因と対策法を考えてみた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪湾のアジングが不調

例年、9月のこの時期にはすでに始まっているアジングが、少なくとも今年の大阪湾近郊では非常に渋い。多少入ってはいるのだが、群れの密度が非常に薄く、私としては何か違和感を覚えている。どうやら今年は漁業でも「40年に一度のアジ不漁」と言われているそうだ。

その原因は、何なのだろうか。そしてアジングへの影響は…?

要因は「黒潮大蛇行」?

「黒潮大蛇行」とは、何年か前から聞く言葉だ。これが要因かもしれない。その名の通り、沖の黒潮が大蛇行する現象。黒潮は、世界の中でももっとも強い海流のひとつで、日本の太平洋沿岸を、南から北へと流れている。これが通常ルートでは、日本の沿岸付近をほぼ直線状に流れる「直進経路」となる。

そして、紀伊半島辺りで沖に流れ、そこから北上して関東周辺に戻る「蛇行流路」がある。すなわち「大蛇行」といえば、この蛇行経路がより大きくなるということだ。

大蛇行が長期化

黒潮大蛇行は、過去にもあった現象だが、今回の大蛇行は2016~17年頃からと非常に長期化している。一度大蛇行が起こると、紀伊半島側は沿岸の海水温が下がり、逆に関東側では海水温が上がる。これによって、生態系のバランスが崩れる可能性があると指摘されている。

【大阪湾2020】アジングが不調なワケ 40年に一度のハードモード到来?一見平穏な海で事件が…(提供:WEBライター・井上海生)

簡単にいえば、関西圏で温かい水と、関東圏で冷たい水が二分される。そしてアジは、極端に熱い水温を嫌う魚だ。人間の肌で1度と感じるものを、アジは4度程度と感じると、私はあるプロダクターが言っているのを聞いたことがある。

また、今年は激しい猛暑だった。アジの適水温である23~25度以上の水温になると、アジは接岸してこなくなるのかもしれない。それくらいになると、沖合でも食いがかなり渋るそうだ。

「ハードモード」の覚悟を

今、アジはあまりに高すぎる海水温を嫌って、回遊ルートをかえていると思われる。それでは、「いつも釣れていたポイント」が釣れなくなるのは当たり前かもしれない。最新の魚探のついた沖合の漁業が不漁なのだから、ショアで釣りにくくなるのは、仕方ない話か。

そこへ近年のアジング人気による人的プレッシャーである。ここ2、3年、アジングは人気の釣りとなった。黒潮大蛇行と、その影響が特に顕著であるらしい今年、アジングは「ハードモード」となりそうだ。

カギを握る「ポイント選定」

それでもこの時期からアジングを成立させたいなら、思い切って、いつも入ることはないポイントを探してみることをオススメする。定番の常夜灯打ちなどは、今年は難易度が高くなるだろう。理由としては回遊数減と人的プレッシャーのためだ。

オススメは闇ポイントだ。満月の時に月明かりだけが頼りとなるような場所で、潮通しが良い場所を見つければ、チャンスはあるだろう。ただ、そのような場所はイカの活性も高いが…。

リバーアジのススメ

そこでオススメしたいのが「リバーアジ」。河口に入るアジだ。一度入ってくると居付いてなかなか抜けないうえ、河口域でアジが釣れると知らない人が多い。狙い目である。

【大阪湾2020】アジングが不調なワケ 40年に一度のハードモード到来?海から1km以上も上流部で釣れた経験が(提供:WEBライター・井上海生)

この9月、ネットなどで大阪湾近郊のアジングの釣果報告を見ていると、「フロートで遠投して流れの中を釣る」という方法で多少の結果が出ている程度のようだ。私は複合リグが苦手でアジングはジグ単のみだが、フロートにも興味がある人は、挑戦してみてはいかがだろうか。

次のページで今後の見通しを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。