ライトブリームゲーム攻略法:釣果に直結する『釣行前ルーティーン』

ライトブリームゲーム攻略法:釣果に直結する『釣行前ルーティーン』

ライトブリームゲームでは、タックルはもちろん、釣行前に準備すべきことが多い。今回は筆者が常に考えている「釣行前のルーティーン」を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトブリームゲームでの天候と風

ライトブリームゲームは、アジングタックルやメバリングタックルを流用することが多い。つまり、基本的にライトゲームの部類に入る。細糸を使う釣りだ。そのため風の影響を受けやすい釣りとなる。

天候は晴れ、または薄曇りくらいが良い。ライトラインが風にあおられるので、強風時(およそ風速5m以上)の時には、釣りは避けたほうが無難。

ただし、無風よりは、人肌にストレスにならない程度に風は吹いていた方が良い。その方がプランクトンが発生して、チヌの捕食対象となるベイトフィッシュが活発になるからだ。

ライトブリームゲーム攻略法:釣果に直結する『釣行前ルーティーン』秋はアジもベイトフィッシュになる(提供:WEBライター・井上海生)

上げ潮がオススメ

チヌは居付きの魚なので潮はあまり関係ない…と思われがちだが、実は関係大アリ。筆者は、潮がまったく絡まない夕マヅメに痛い目にあった経験もある。

基本的にどんな魚も同じで、チヌも上げ潮に食いが立つ。これが夕マヅメに絡むとベスト。初秋ならば、18時前後に上げ潮、または満潮が来るタイミングが望ましい。

ベストは上げ潮だが、ベイトフィッシュが豊富な夏であれば、下げ潮のタイミングでも食ってくる。上げ下げで潮が動くタイミングがチャンスだ。ド干潮は厳しい。

夕方~夜がオススメ

実はチヌは昼でも釣れる。チニングでは河川のシャローなどで、トップウォータールアーを使って水面を割るチヌのバイトを待つのが釣趣だ。トップでなくても、専用ワーム、専用タックルでボトムずる引きは、日中の定番メソッドである。

しかし、ライトブリームゲームにオススメなのは夕方から夜。というのも、ベイトフィッシュの活性が上がるのが、この時間帯だからだ。チヌは夜行性とまではいわないが、夜間はずっとチャンスがある魚。繰り返しになるが、深夜でも潮が動くタイミングに絡めば可能性はある。

ライトブリームゲーム攻略法:釣果に直結する『釣行前ルーティーン』夕マヅメに上げ潮が絡めば最高(提供:WEBライター・井上海生)

反対に、朝マヅメは活性が下がる印象だ。特に夜がすっかり白けてからは、難しくなる。やはり釣り人の姿がチヌの目に見えてしまうことが理由だろう。

次のページで状況別釣り方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。