オフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】

オフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】

8月上旬、福岡県のオクトパスから出船しオフショアキャスティングゲーム。腕もパンパンとなる5分間のファイトの末、自己新記録のヒラマサ130cm22kgをキャッチすることができた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版福岡市・斎藤嘉朗)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒラマサキャスティング

午前5時30分、福岡県福津市・津屋崎漁港から遊漁船オクトパスで出船。乗り合いの釣り人は私を含め6人。

午前7時ごろ糸島沖に到着。ヒラマサ狙いでキャスティングを開始すると、7回ほどバイトがあるも乗らず。早々に見切りをつけ壱岐沖に移動、ジギングで1~2kgのヒラゴをぽつぽつと拾っていく。お土産を早々に確保できた。

オフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】当日のタックル(作図:週刊つりニュース APC・斎藤嘉朗)

ドラグ鳴らす大物がヒット!

午後3時ごろ、再び糸島沖に移動。帰港前にヒラマサキャスティングを再開。周囲ではシイラを追い回してヒラマサがボイルしている。乗船者一同テンションが上がりキャストを繰り返す。

二流し目、私も四十肩に鞭を打ってダイビングペンシルをフルキャスト。着水後の3ジャーク目、ジャーというドラグ音とともに突然ラインが引き出されたが、トップ特有の水柱は立たなかった。ルアーが水面下にある時に食いついたようだ。

慌ててロッドを立ててドラグを締め込こんだが止まらない。「やばい! 根に持っていかれたらラインブレイクだ!」ロッドはフルベント、ドラグもフルロック。今までにない手応えに興奮が止まらない。

オフショアキャスティングで22kg大型ヒラマサ浮上【福岡・オクトパス】ヒラマサとのファイトシーン(提供:週刊つりニュース APC・斎藤嘉朗)

船長が「デカいよ! これは」と叫ぶ。ロッドのバット部分を両手で持って必死に耐える。ファーストランは強烈だったが、徐々にリールを巻けるようになる。「走らせた後にリールを巻く」を繰り返していると、その巨体が水面に姿を現した。

次のページで130cm22kg巨大ヒラマサ浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。