今さら聞けないアジングのキホン:釣行後の『メンテナンス』を紹介

今さら聞けないアジングのキホン:釣行後の『メンテナンス』を紹介

釣行後、タックルやリグをメンテナンスをするまでが「釣り」。ライトゲームマニアの筆者が、釣行後に必ず行う「ルーティーン」を解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

道具は水洗い

アジングに限ったことではないが、ソルト(フレッシュウォーターでも)で使用した道具は、帰宅後に必ず水洗いするようにしよう。

竿、リール、フィッシュグリップ、タモなどをソルトで使用すると、必ず海水から塩分が付着している。そのまま放置していると、錆びや劣化の問題が発生するので油断できない。

今さら聞けないアジングのキホン:釣行後の『メンテナンス』を紹介ロッドも水洗い(提供:WEBライター・井上海生)

リールにぬるま湯は使わない

「ぬるま湯」で洗った方が良いという釣り人もいる。これに関しては、どちらでも良いのではないだろうか。私も特に気にしていない。ただし、リールに関しては、必ず水で洗うようにしている。内部の機関に付着しているオイルが、ぬるま湯で流れる可能性があるからだ。

ちなみにリールを水洗いする時は、ドラグはフルロックするようにしている。中に水が入らないようにするためだ。

ジグヘッドは水洗い

アジング釣行後のジグヘッドの水洗いは、やっていない人がかなり多いかもしれない。私の場合、使用したジグヘッドは、ケースの中にワームをつけたままにしておき、家に帰ったらそれをザルにひっくり返して、台所で水をかけるという作業をしている。これでジグヘッドの潮抜きができる。

今さら聞けないアジングのキホン:釣行後の『メンテナンス』を紹介ザルでジグヘッドを水洗い(提供:WEBライター・井上海生)

なぜ、ジグヘッドまで水洗いするのか?いや、「ジグヘッドだからこそ」すべきなのだ。ジグヘッドは金属製で、潮で錆びやすい材質。しかも、錆びると劣化、なまりが激しく、次の釣行では使えない、「使い捨て」になってしまうこともある。

また、アジングのジグヘッドは線径が細く、繊細な作りになっている。他の釣りに使うヘッドよりは、ナイーブなので、水洗いして潮抜きしたほうが安心だ。

ハリ先の確認

ちなみに、時間があれば、なまったジグヘッドは弾いてしまうべきだろう。次の釣行では、もう使わない。確認方法は簡単。爪にハリ先をこすり付けて、ハリが引っ掛からなくなったら、そのハリはなまってしまっている。

ただ、多少ハリ先が悪くなったくらいでは、捨てるほどではない。というのも、根魚などのボトムを取る釣りで、ロストしても良いものとして使用すれば良いのだ。根魚はバイトが深いため、ハリの「かえし」が生きていれば、問題なくフッキングできる。

次のページでワーム収納&整理について解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。