広島県産『小イワシ』の入荷が2005年以降で最低レベルに 原因は豪雨?

広島県産『小イワシ』の入荷が2005年以降で最低レベルに 原因は豪雨?

瀬戸内の夏の風物詩として知られる「小イワシの刺身」。しかし、今年はその夏の味が危機に陥ってしまいました。その原因は何だったのでしょうか。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

瀬戸内の夏の名産「小イワシ」

独特な魚種とその食文化を誇る瀬戸内海沿岸。その中でも人気の高い「夏の味覚」と呼べるのが、広島の「小イワシ」。

これはイワシの代表種であるマイワシの子供ではなく、カタクチイワシという種類のイワシです。マイワシ、ウルメイワシと並び「イワシ御三家」のひとつとされるカタクチイワシは、そのまま食べるよりもむしろ出汁用のニボシ・イリコの原料として知られています。

広島県産『小イワシ』の入荷が2005年以降で最低レベルに 原因は豪雨?カタクチイワシ(提供:野食ハンマープライス)

しかし広島ではこのカタクチイワシを、刺身で美味しく食べる文化が古くからあります。よく水洗いすることで細かい鱗とともに生臭みが落ち、美味しく食べられるため「七度洗えば鯛の味」という言葉も残っているほどです。

各県の漁協が選出する「プライドフィッシュ」では、広島県の夏の魚としてこのカタクチイワシが指定されています。

今年は著しい不漁

そんなカタクチイワシですが、2020年は著しい不漁となったそうです。

鮮魚用のカタクチイワシ漁は毎年6月10日に解禁され、8月末まで続きます。例年ならこの3ヶ月で200t以上の水揚げがあるのですが、今年の7月はたったの17tに留まり、前年比で8割近く減ってしまったそうです。

さらに、8月に至ってはほとんど入荷もなかったといいます。6月は水揚げはあったのですが、新型コロナウイルスによる需要減の影響が大きく、漁そのものが縮小されたため、例年以下という結果になっています。(『広島産小イワシ入荷急減、2005年以降で最低 長雨の影響で衰弱死増加か』中國新聞 2020.9.16)

この不漁は一体なぜ起こったのでしょうか。

豪雨の影響か

カタクチイワシは沿岸性が強く内湾にも多く棲息する魚ですが、小魚のため環境の変化に弱く、しばしば大量死が起きます。広島を代表する河川である太田川をはじめ、大きな川が複数流れ込む広島湾では、大雨が降ると河川より流入する真水が増え、塩分濃度が急激に下がります。これによって小イワシが弱ってしまうのだそうです。

大雨が引き起こすのは個体数の減少だけではありません。川から大量のごみや木が流入することによって、イワシを獲るための網が破れたり、船につけた魚群探知機も役に立たなくなってしまいます。漁そのものが困難になってしまうのです。

広島県産『小イワシ』の入荷が2005年以降で最低レベルに 原因は豪雨?カタクチイワシの刺身は鮮度が勝負(提供:野食ハンマープライス)

入荷減は一時的?

当地の鮮魚店では不漁の間、他県産カタクチイワシを入荷して需要に応えましたが、他県産は移動に時間がかかり、鮮度が落ちて刺身には向かなくなってしまうといいます。広島の小イワシは「すぐ前の海で獲れる」ということも、その価値のひとつと言えるでしょう。

ただこの不漁の原因はあくまで自然現象であり、乱獲が原因ではありません。そのため、入荷減は一時的なものとみられています。来年また美味しい小イワシが味わえることを、多くの県民が祈っているのだそうです。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。