ライトブリームゲーム攻略法:『極細PEライン』でのやり取りの極意

ライトブリームゲーム攻略法:『極細PEライン』でのやり取りの極意

ライトブリームゲームでは細いPEラインを使うため、こちら主導で展開しにくい釣りとなる。ドラグ設定とファイト術をよく頭に入れて、実戦に赴こう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトブリームゲームのPEライン

チヌをフィネスで狙う釣り、ライトブリームゲームで使うPEラインの号数は0.3~0.5号となる。リーダーは5lb前後。最初は乗せ感がいい0.3号をオススメする。確実にアタリが増えるのだ。筆者の場合、次のように号数を使い分けている。

・PEライン0.3号
静穏な波止、ストラクチャーのない場所での45cm級までのライトブリームゲーム

・PEライン0.4号
多少のストラクチャーがある場所、または50cm級までのライトブリームゲーム

・PEライン0.5号
ストラクチャー、根が絡む場所で、早めに勝負を決めたいライトブリームゲーム

ドラグ設定は「緩め」

リールは2000番台を使用。そのドラグは、「緩め」で設定しておこう。目安としては、大体、少し力を入れて手で引っ張れば糸が出るくらい。これでバイトを弾きにくくなる。アジンガーには、「アジよりは多少強め」と言えばわかりやすいだろうか。

ライトブリームゲーム攻略法:『極細PEライン』でのやり取りの極意ドラグは緩めに設定(提供:WEBライター・井上海生)

なぜ緩めの設定が必要なのか。チヌは最初の突っ込みがとにかく強烈な魚だ。最初の突っ込みに耐え、ラインブレイクしないよう、その後魚の引きに合わせて緩めたり締めたりして、弱ったところで勝負に出るのだ。

しかしチヌは獰猛な魚でありながら、意外とアタリは繊細だったりする。そこで、少しチヌがワームをかじりにきたところで糸をすべらせるイメージ。チヌの気持ちとしては、「ちょっとかじったつもりがハリが口に…」という戦略にハメるため、ドラグは緩めに設定している。

ガチガチのチニングと違い、最初からある程度強めに設定していると、ライトラインは一撃でブレイクする。根掛かりを外したときなど、ドラグの設定を変えた後は、緩めに戻すことを忘れないように。

やり取りは時間をかける

やり取りのキモ。それはずばり、「時間をかけること」だ。ライトブリームゲームの取り込みは、長く見積もると5分くらい。それをそれぞれの段階で分けよう。確実にフッキングさせ、泳がせ、寄せて、タモ入れする。という各工程に時間をかけるのだ。

チヌは白身の魚だ。「白身の魚は、どれだけ強烈な引きをしていてもじきに弱る」と、あるプロが言っている。筆者もそれを信じて、「まあそのうち取れるさ」と考え、焦らずにやる。

ライトブリームゲーム攻略法:『極細PEライン』でのやり取りの極意さばいてみると白身の魚(提供:WEBライター・井上海生)

…が、「そろそろ弱ったな」と思っても、チヌはまた猛然と引き出したりする魚だ。少しでも怖いと思ったらドラグは緩める。強烈な足元や海底をめがけた突っ込みで、油断しているとノットブレイクする。

次のページで「取り込み時の注意点」を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。