新規オープンした管理釣り場「FP高島の泉」で56cmニジマスを手中

新規オープンした管理釣り場「FP高島の泉」で56cmニジマスを手中

滋賀県高島市新旭町にオープンしたルアー釣り場「フィッシングパーク高島の泉」へ8月24日(月)に80歳になる父と釣行。ニジマス56cmをゲットした釣行をレポート。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・笠原悟)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

フィッシングパーク高島の泉とは

「フィッシングパーク高島の泉」は山奥にあった朽木渓流魚センターが休業・移転し、今年8月22日から営業開始したトラウトの管理釣り場。京阪神からも中京からもアクセスしやすく、電車釣行も可能な場所にある。

広大な敷地には三つのルアー釣りポンドとレストハウス、釣り堀・つかみ取り体験、屋根付きバーベキュー設備、きれいな男女別トイレもあり、充実の施設となっている。

第一ポンドで大型狙い

当日は開場時間の午前7時前には到着、前に10人ほど並んでいたが受け付けで6時間券を購入してスムーズに入場した。受付でのスタッフからのアドバイスは「水深の深いところほど水温が低いので、ボトム狙いを意識してください」とのこと。

三つのルアー釣りポンドはそれぞれ個性があり、第1ポンドは大物が中心、第2ポンドは小さめの魚を数多く、第3ポンドは小さめの魚から大物まで幅広くとなっている。私たちは迷わず大物狙いの第1ポンドでキャストを開始した。

新規オープンした管理釣り場「FP高島の泉」で56cmニジマスを手中当日のタックル(作図:WEBライター・笠原悟)

1匹目はニジマス40cm

ポンドの水はきれいで底まで見える超クリア、水深は2m前後といったところ。ところどころ水中のパイプから吹き出し口があり、湧き水のように波立っている。

まずは3.5gのゴールド系スプーンを使用、高活性の魚を探すがアタリなし。私の経験上、水がクリアの時はヒットカラーが暗い地味な色のことが多いので、FORESTのスプーンMIU2.8gの青/黒にチェンジする。

ポンドの中央付近までキャストして底を取り、一定のスピードで巻き上げてくると「ガツン」と大きなアタリでフックアップ!なかなかのサイズのようでよく引く!ラインがどんどん出されるのでリールのドラグを締めながら時間をかけ慎重に寄せてネットイン。開始10分ほどで40cmのニジマスをキャッチできた。

次のページで56cmニジマス浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。