【湘南&西湘エリア2020】釣り船「出船港」4選 観光にもオススメ

【湘南&西湘エリア2020】釣り船「出船港」4選 観光にもオススメ

三浦半島の西側~伊豆半島の東側に面している相模湾。今回は湾奥の湘南・西湘を紹介。観光と釣りが同時に楽しめるエリアだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

湘南&西湘エリアへのアクセス

東京方面からの場合、湘南エリアは首都高速または第三京浜~横浜新道~国道1号のルート。東名自動車道~圏央道~新湘南バイパス茅ケ崎海岸ICを利用も。

西湘エリアは、湘南エリアから国道134を使用。または、小田原厚木道路小田原西ICからのルートがある。渋滞が起こりやすい地点があるので、適宜交通情報を確認したほうがいい。内陸方面からは圏央道が開通してから至便となった。この地域は電車での釣行も可能。駅から港まで歩いて向かったり、バスの便がいいところもある。

船釣りのターゲット

アミコマセを使用するLT五目や、ワカシからイナダ・ワラサをターゲットにしたりマダイをメインに狙う五目船が人気。1年を通して釣り物が何種類かある。そのなかでも突出してにぎわうのが、マグロ。8月にコマセで狙うキハダやカツオを待っているファンはとても多いだろう。

湘南エリア

まずは、湘南エリアから紹介していこう。

湘南

湘南エリア湘南はビーチが広がり、サーフボードをかかえた人が行き交い、観光客も多い。船釣りの出船港として人気のほか、砂浜からの投げ釣りや磯釣りと多様に楽しめるフィールドとして、ビギナーからベテランまで一年を通して釣り人の姿が絶えない。

江の島や富士山が各港から見えて景観抜群の立地。LT五目などは通年でアジを主体に多魚種をターゲットにしている。フグはショウサイをメインにトラフグが上がることもしばしば。中深場では周年美味魚が狙える。

【湘南&西湘エリア2020】釣り船「出船港」4選 観光にもオススメ車線路線に片瀬漁港への案内(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

腰越港周辺

腰越港周辺は海鮮料理が食べられる店が点在している。

【湘南&西湘エリア2020】釣り船「出船港」4選 観光にもオススメ腰越港入口周辺にはしらす料理店がある(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

茅ヶ崎港

茅ヶ崎港からはサザンの歌で有名なエボシ岩が見える。遊漁はもちろん渡船で沖磯に渡れる。歴史があり活気のある港のひとつ。

【湘南&西湘エリア2020】釣り船「出船港」4選 観光にもオススメ茅ヶ崎港手前には船宿看板(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

大磯港

大磯港はサーフの投げ釣り、港内でサビキで小魚を狙える。駐車場内にトイレがあり便利。

▼この釣り場について
湘南エリア

次のページで「西湘エリア」の港を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。