離島の沖堤防エギングでアオリ500g手中 新子は遅れ気味?【篠島】

離島の沖堤防エギングでアオリ500g手中 新子は遅れ気味?【篠島】

長梅雨のおかげで、まだまだ夏アオリイカが狙える。少し早めの秋の新子アオリイカも視野に入れて愛知・知多半島の離島・篠島の沖堤防へエギングに行ってきた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・伊藤康二)

伊藤康二

初めまして、伊藤康二(伊藤ちゃん)です。【XESTA】フィールドモニター/【DUEL】フィールドモニターとして愛知県知多半島、三重県南伊勢〜尾鷲をメインフィールドとし、年中イカを追い求め、エギングを中心にイカメタル、ライトゲーム、SLJと活動しています。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

知多半島アオリイカシーズン

知多半島のアオリイカは、簡単に分けると春(5、6月)、夏(7、8月)、秋(9~11月)の3シーズンがある。今年は長梅雨で水潮になる日が多く、水温が上がらず、春アオリイカが不調に終わった。夏アオリイカは8月に入り釣れ出している状況だ。

秋の新子アオリイカは、目視はできていないが、漁師の情報だと「まだ5cmあるかないかのサイズ」らしいので、釣れ出すのは例年より遅くなるかもしれない。秋の新子アオリイカは警戒心が低く、好奇心旺盛なため、エギを投げられて、ロッドをシャクることができれば、簡単に誰でも釣れるターゲットだ。

海上タクシーを利用

今回は、土曜日の朝釣行だったので、午前3時に片名漁港にある、海上タクシー康洋の無料駐車場へ車を止め、沖堤への渡船準備を済ませ、乗船場へ向かうと、すでに10数人の釣り人が乗船を待っていた。

3時30分、海上タクシー康洋が乗船場へ船を着けてくれ、乗船開始。今回はアオリイカ狙いなので、船長に今の状況と、渡る沖堤を教えてもらい、出船時間まで船内で待機する。

もちろん密室だが、換気はしっかりしてあり、コロナ対策はしてある。なお、外のデッキも利用でき、明るい時間帯なら三河湾をクルージングした気分を味わえ。

波止の状況を確認

4時になり、沖堤に向けて出船。沖堤には15分程度で到着。事前に船長にポイントは確認してあるが、まずは風向き、潮の流れのありなし、流れる方向、潮位を確認しながら、期待に高鳴る胸を抑えつつタックルを準備する。

離島の沖堤防エギングでアオリ500g手中 新子は遅れ気味?【篠島】波止の状況を確認(提供:WEBライター・伊藤康二)

当日のタックル

当日のタックルはエギングロッド7.8ftにスピニングリール2500番、PEライン0.6号にリーダーは2号を接続。エギは2.5号と3号を使用した。

離島の沖堤防エギングでアオリ500g手中 新子は遅れ気味?【篠島】当日のタックル(作図:WEBライター・伊藤康二)

ポイントの選び方

私は初めてのポイントで釣りをする場合は、まず堤防全体を見渡し、他の釣り人がどんなターゲットを狙ってるか、どんな場所を狙っているか、今の潮の流れはどんな感じか、堤防の周りには沈み根があるか…などのポイントをサーチし、他の釣り人に迷惑がかからず、かつ潮が動いていて、沈み根が近くにある場所を選ぶ。

今回は堤防両先端に徹夜組の釣り人が居たので、堤防真ん中の外側と内側を明るくなるまで攻めることにした。

離島の沖堤防エギングでアオリ500g手中 新子は遅れ気味?【篠島】沖向きの灯台側先端部(提供:WEBライター・伊藤康二)

次のページでいよいよ実釣スタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。