欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】

欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】

基本的に船釣りのプランはターゲットが決まっている。1回の釣行で2種目以上狙えると何だかお得感がある。今回は、コマセマダイ&アジ五目&イカメタルの3種目を狙えるリレー便に乗ってきたので、その模様をレポートしたい。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:webライター・小玉洋幸)

小玉洋幸

新潟県上越地方を拠点に、ターゲットは大物を中心に多岐に渡る。初心者へ向けた釣りの啓蒙活動を積極的に行なっている。

×閉じる

船釣り エサ釣り

リレー便の魅力とは?

2種目以上を狙うことを可能にするのが「リレー便」である。リレー便とは、1回の船釣りにおいて、途中でターゲットが変更される釣行スタイルである。

リレー便の魅力は、もちろん2種目のターゲットが存在することである。1種目を1日かけて釣りをするのも悪くはないが、2種目以上のターゲットがあることで飽きることなく釣りのバリエーションが広がる。

今回は、3種目狙うことが可能なリレー便に乗船してきたので、その模様を紹介したい。

新潟県上越地方の特徴

今回は新潟県上越地方でリレー便に乗船した。上越沖は、潮通しがとても良くマダイやブリなど様々な魚を狙うことができる。リレー便が成り立つものこのおかげである。

今回の狙いは、「マダイ」と「アジ」そして「アカイカ」である。マダイとアジはコマセ釣り、アカイカはイカメタルで勝負した。

当日の状況

釣行は7月29日(水)。名立港から出港。「天翔丸さん」にお世話になった。船長が気さくな方で、毎回とても気持ちの良い釣りをさせてくれる。私のお気に入りの船宿である。

当日の天候は曇り。今年は梅雨が長引いていたせいか、晴れ間が少ない気がする。考え方次第ではあるが、真夏の炎天下で釣りをするより遥かに身体が楽なことは言うまでもない。

出港時、前日からのうねりが残っていたものの、次第に落ち着いた。日が暮れるころにはべた凪になっていた。

写真ではわかり辛いが、力のあるうねりがあった。

欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】当日はうねりが入っていた(提供:WEBライター・小玉洋幸)

名立港はコイン式の製氷機がある。100円玉は多く持っていた方が良い。

欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】コイン式の製氷機(提供:WEBライター・小玉洋幸)

当日は曇り。季節は夏だが涼しさを感じる。時間が経つにつれ、波は落ち着いた。

欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】当日の海の様子(提供:WEBライター・小玉洋幸)

コマセマダイ

まずはコマセマダイから釣りがスタート。

戦略

春より続いていた乗っ込みのシーズンが終わり、マダイは産卵を終えて深場に落ちている時期である。食いが渋く、あまり浮かないと予想した。そのため、少しでもやる気のあるマダイのみに照準を当てた。

タックル

タックルは以下の通りだ。

・ライトジギング用ロッド
・ライトジギング用リール
・PEライン1.0号

2.5mから3m程の胴調子な竿を使用し、小中型電動リールを使用することが理想ではあるが、私は敢えて上記のタックルを使用した。理由は、汎用性の高いライトジギング用のタックルがどこまで通用するか見てみたかったためである。結果は、もちろん専用タックルには敵わないものの、問題無く使うことができた。

仕掛けは自作した。4号のラインを用いて15mと少々長めに設定。途中10mのところでサルカンを入れ、そこにガン玉を取り付けた。ガン玉を取り付けた理由は、予想よりも潮が速かったため、付けエサをコマセと同調したいと考えたためである。

3枚でコマセマダイは終了

少々うねりが残っていたため難易度は少々高め。反応が出るまでは置き竿にしておき、反応が出た際には手持ちに切り替えた。誘い方はシンプルで、1mから2m程落とし込むだけである。マダイは、落ちてくるものに反応することが多い。この習性を利用した。始めてから1時間くらいしたところで1枚獲得した。最終的に3枚でコマセマダイを終えた。

欲張りリレー釣行満喫 コマセマダイ&アジ五目&イカメタル【上越沖】マダイをゲット(提供:WEBライター・小玉洋幸)

型の良いマダイ。この時期は「麦わら鯛」とも呼ぶが、とても美味しかった。

次のページでアジ五目釣りに転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。