トップゲームで50cm級クロダイ シャローエリアでヒット【愛知・櫛田川】

トップゲームで50cm級クロダイ シャローエリアでヒット【愛知・櫛田川】

海面が爆発したかのような大迫力のヒットシーンが魅力のクロダイトップゲーム。そんな豪快な出会いを求め、三重県松阪市を流れる一級河川櫛田川河口へ車を走らせた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

櫛田川河口でトップゲーム

8月7日の夕方、三重県松阪市の櫛田川河口で釣りを開始。クロダイのトップゲームでは、主にルアーは「ポッパー」と呼ばれる、前面がおわん型にへこんだ形状のアイテムを使用する。

トップゲームで50cm級クロダイ シャローエリアでヒット【愛知・櫛田川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

アクションの基本は、連続的にサオ先をチョンチョンと動かし、ポコッポコッとポップ音で広範囲にアピールし、魚を誘い出す。

また、やや強めにルアーを引っ張ることで、ルアーがジョボジョボッと海面をかくはんし、水しぶきを飛ばすスプラッシュアクションなどの変化を与え、海面を逃げ惑う小魚を演出することも有効だ。

クロダイ38cm登場

すると、開始から5分。ルアーの後ろに川の流れとは明らかに違う波紋が浮かび上がった。これはクロダイがルアーをロックオンし、いつアタックしようか追尾している状況だ。この「後ろにいるぞ!」というドキドキ感がたまらない。

すると、ボシュッとルアーを吸い込むバキューム音から、バシャンッと銀ピカの魚体が海面へと飛び出した。ロッドは強く締め込まれ、ゴンゴンとサオ先をたたきながらの横走りが始まった。

トップゲームで50cm級クロダイ シャローエリアでヒット【愛知・櫛田川】開始早々に38cmクロダイゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

キャッチしたのは、38cmのクロダイ。アクション後にしっかりとルアーを止め、クロダイにアタックさせる間を作ったことが良かったようだ。いきなりの本命キャッチに好釣果を期待する状況であった。

釣友にも48cm

すると、この後、ドラマは待っていた。「キタ~」と横でキャストを続ける釣友が雄叫びを上げる。大きく曲がるロッド。ジィージィーッとドラグは逆回転し、川の流れも作用してなかなか寄せてくることができない。大物を確信。リールのドラグの力を利用し、しっかりクロダイを走らせ体力を使わせてから、一気に寄せに入って勝負あり。

キャッチしたのは、体高のある48cmのクロダイ。釣友はクロダイトップゲームで初キャッチとなるメモリアルフィッシュとなった。

トップゲームで50cm級クロダイ シャローエリアでヒット【愛知・櫛田川】48cmのクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

この日は仲良く1匹ずつの釣果で納竿。良型もキャッチでき満足の釣行となった。今後も各地で楽しめ、川の河口など水深1m程度のシャロー(浅瀬)が狙いめとなる。夏の海面爆裂を楽しんでみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
櫛田川河口
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。