今さら聞けないアジングのキホン:アジが「たまる」ポイント探しの極意

今さら聞けないアジングのキホン:アジが「たまる」ポイント探しの極意

アジは漁港内や海の各所に溜まるが、どこに投げても釣れるというわけではない。今回はアジングの釣果のカギを握る「ポイント選定」について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

定番の「常夜灯下」

アジはプランクトンをメインベイトとしている。そこで、光に照らされて海中にプランクトンが次々に発生する常夜灯下は、アジが群れで入ってくる格好のポイントとなる。

今さら聞けないアジングのキホン:アジが「たまる」ポイント探しの極意常夜灯は定番ポイント(提供:WEBライター・井上海生)

アジがスレている場合

常夜灯下はナイトアジングでは、これ以上ないホットスポットといえるだろう。しかし、常夜灯下のアジングが難しい日もある。それは、先行者がいて、場がスレてしまっている場合だ。

そのようなときには、単純なやり方でアタらなかったりする。粘りすぎると時間だけが過ぎていくので、常夜灯から少し離れた「明暗の境」のようなポイントに入ろう。やや警戒心が高いが、まだワームを見ていない個体が残っているはずだ。

常夜灯でおすすめのワームカラー

ちなみに、常夜灯下はただでさえスレやすいので、静かに、ナチュラルに釣るのが鉄則である。おすすめはクリア系のワーム。

コーナー&堤防のキワ

波止のコーナーや、堤防の手前側、すなわち、いずれも「キワ」だが、ここもアジが溜まるポイントになる。海流で流されたプランクトンが波止のキワに漂着し、魚がつくのだ。

大型魚が定位していることも

ただし、キワには他にも根魚やチヌ、シーバスなど多くの魚が居ついていることもある。多くの場合、その他大型ゲストの活性が高ければアジの活性は低く、そうでなければアジ・メバルは同じポイントで混泳する。

ポイントに入ればまず活性を探り、大型魚が大人しいようならばそこで釣ることに決め、次にメバルと釣り分けられるレンジを探そう。

今さら聞けないアジングのキホン:アジが「たまる」ポイント探しの極意コーナーや堤防の手前側にもアジはつく(提供:WEBライター・井上海生)

波止・テトラ・真っ暗闇のポイント

常夜灯やコーナーなどの「変化」がないポイントにも、アジは回遊している。極端な話をすれば、海のどこにでもいるといっていいくらいだ。問題は、その群れの密度である。

『気泡』を目安にしよう

密度の濃い、そして活性の高いアジがつくのは、プランクトンの塊がある場所。では目で見えないプランクトンを探すには、どうすればいいか。ヒントとなるのは、浮きゴミや気泡だ。プランクトンは自ら動く力がないため、潮流に乗って漂うだけ。それは浮きゴミや気泡も同様で、両者は同じ場所に滞留する。そこにアジがつく。

波止でも、テトラでも、真っ暗闇のポイントでも、そこに浮きゴミや気泡がないか、確認して打ってみよう。何の変哲もないポイントで、アタリが連発することもよくある。

ちなみにそのようなポイントでは、ワームは、グロー、チャート系の色がよく効く。

今さら聞けないアジングのキホン:アジが「たまる」ポイント探しの極意気泡や浮きゴミがヒントになる(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで「デイアジング」のポイント選びを解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。