今さら聞けないアジングのキホン:キャッチ率に直結するドラグ設定方法

今さら聞けないアジングのキホン:キャッチ率に直結するドラグ設定方法

リールのドラグ設定は、釣りをする上で非常に重要。アジングにおいては、緩めの設定が基本となる。ライトゲーム大好きの筆者がドラグのアレコレを解説したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

そもそも「ドラグ」とは?

釣りを長いことやっている人でも、意外にドラグ機能については詳しく知らない人が多いようだ。ドラグとは、リールの機能のひとつで、魚が掛かった時、その動きに追従してスプールから糸が出ていくようにするものだ。

ドラグの機能によって、ラインの張力限界を超える重量を超える魚がヒットしても(または魚がものすごい力で引いても)、その重さ、力を相殺して、やり取りすることができる。

ラインの材質を問わず、細いラインを使う時にも、太いラインを使う時も、ドラグの設定は必須だ。ドラグが適切に設定できれば、ラインウェイトを超えた魚を釣り上げることもできる。

アジングのドラグについて

では、アジングにおいて、ドラグはどれくらいの力に設定すれば良いのだろうか。

一般的にショアから釣れる最大級サイズである尺アジでも、その重量は200gくらいしかないらしい。では、ドラグもそれくらいでいいのか…、と思われるが、さすがに200gに設定しようとすると、ズルズルに糸が滑って出過ぎてしまう。さすがにそれでは釣りにならない。

適切なドラグ設定

アジングのドラグは、「手で引っ張れば糸が出ていくくらい」が適切だ。ラインをガイドに通して、スプールと第一ガイドとの間に張ったラインを、手で引っ張ってやる。するとそれほど力を入れずにドラグが効いて、スーッとラインが出ていくくらいが目安となる。

今さら聞けないアジングのキホン:キャッチ率に直結するドラグ設定方法手で引っ張ると滑るくらいがベスト(提供:WEBライター・井上海生)

なぜここまで緩めに設定するのかといえば、アジングでは、張力の弱いエステルラインを主に使用するからだ。少しでもドラグを強めに設定していると、エステルライン使用時には、アワセ時にラインが切れてしまうことがある(「アワセ切れ」というもの)。

ドラグは臨機応変に設定しよう

基本的には「手で引っ張ればラインが出る程度」でアジングのドラグ設定は間違いがない。

しかし、対象となる魚の大きさによっては、一律ではいけない。より小さな豆アジではもう少し緩くしたり、群れがかなり大きいならば少し強めに設定したりと、その場での対応が必要だ。

特に、ドラグ機能の見せ場となるのは、大物ゲストをかけた時。シーバス、チヌなどなど、アジングには大型のゲストが非常に多い。その場合、まず糸切れさせないためにドラグは緩めに設定する。そして、ある程度泳がせてから、魚がバテたところで、少しドラグを締め直して、ゆっくりと水面に上げてきてタモ入れする。

大型ゲストを苦とせず、「これもドラグの練習」と思って、うまく釣り上げてやろう。

次のページで抜き上げ時のドラグ設定を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。