鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】

気軽に楽しめるライトジギングゲーム。ターゲットはマダイ、ヒラメ、青物にマゴチとどれもこの時期は浅場で釣れるので好きなシーズン。今回は広大な釣り場を有する鹿嶋沖一帯で楽しんだ。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鹿島沖でオフショアルアー

乗船したのは鹿島新港の久保丸。兄が舵を取り、弟が中乗りとしてサポートする。釣り場の説明や魚の取り込み、道具のトラブルなど親切に対応してくれるので初心者でも安心して楽しめる。8月中旬、仲間を連れて仕立で楽しみました。

朝イチにマダイをジギングやテンヤで狙いその後に沖でジギングを楽しんで、帰りにマゴチを狙う欲張りな三本立て。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】鹿児島新港周辺略図(提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

タイラバ&テンヤでマダイ狙い

5時に出港。真沖のポイントでマダイを狙う。水深20m前後。

私はタングステン製マイクロジグなどでボトムを意識してリトリーブで、仲間たちはタイラバやひとつテンヤなど思い思いの釣法でマダイを狙う。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

ひとつテンヤにマゴチがヒット

右舷大ドモのひとつテンヤにヒット。しかし上がって来たのはマゴチ。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】マゴチがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

船長が船を入れ直し再度投入しリトリーブすると私のロッドにコツコツとマダイのアタリ。タイミングを合わせてフッキングに持ち込んだものの、惜しくもフックアウト。

船中では小型ながらポツポツとマダイやハナダイが顔をだす。

ジギングでヒラメ&イナダ

次は、少し沖に移動しスロージギング。ターゲットは「ヒットする魚はすべて」という何でもありのジギング。

タイミングがよくなかったのか静かな時間が続くが、私のロッドに小型ヒラメがヒット。仲間たちもイナダなどのファイトを楽しむ。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】ジグにヒラメがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

浅場のマゴチ狙いに転戦

私の隣でヒラメがヒットしたのをきっかけに、浅場のマゴチ狙いに変更。岸寄りの水深8~10mでワームのマゴチゲーム。

30g前後のジグヘッドにワームをセットしてアンダーハンドでキャスト。リトリーブやリフト&フォールで誘う。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】浅場のマゴチを狙った(提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

マゴチ60cm超をキャッチ

ワームはシャッド(小魚系)やホッグ(エビ系)系を中心にグラブなど。カラーはオレンジや赤がローライト時に有効。晴天時はダーク系が効果的。

その日のヒットカラーやパターン探しが面白い。アタリがあってもフッキングしないなど、どうやって攻略するかを模索する。

次々とヒットし短時間で数釣りを楽しむことができた。特に私は一投目で60cm超えをキャッチ。一日通じて楽しむことができた。

鹿島沖五目ルアーフィッシングで良型マゴチにヒラメにイナダ【久保丸】カラーやパターンがハマって良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・横島敏弘)

次のページで後日釣果でもマゴチ好調!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。