波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】

波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】

夏ならではの釣りがしたいと、8月8日に南紀へライトゲームに向かった。メッキ釣りが目的であったが、フリマサイトで購入した「かめミノー」の試釣も兼ねた釣行となった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ライトゲームで南紀をランガン

8月8日に和歌山県の南紀までメッキとシオ狙いに行ってきた。

今回はコロナ禍で釣具店に向かう足が遠のき、ネットショッピングの頻度が高くなるなか、某フリマサイトで見つけて購入したメッキ偏愛者が作ったであろうレジン製ルアーの「かめミノー」を試してみたかったのだ。

波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

朝一は和歌山県・串本町田原にある田原川河口でメッキを狙う。まずはスミスのDコンタクト50で橋脚、岸際、テトラ、スロープ周辺と定番のポイントを順に探ってみるが、バイトどころかチェイスもなし。早々に諦め、河口横の小規模サーフに移動して探るがエソがちょっかい出してくるだけで、こちらもダメだ。

磯場でシオキャッチ

ここでいったんメッキは諦め、近くの磯場へ移動しシオ狙いに変更。Dコンタクトを沖向きにフルキャストし、表層付近を速巻き+トゥイッチで探る。すぐにバイトがあったが乗らず。次のキャストで狙い直すとヒット。

強めのドラグ設定だが、タックルがライトなこともあり、ラインが出される。足元の磯際に突っ込まれ一瞬ヒヤッとしたが最後はドラグを指で止めて抜き上げ勝負あり。

波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】磯場でシオゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

尺には届かないが、額のハチマキ模様が印象的な本命のシオだった。その後も同様に探って同サイズを2匹追加したところで反応もなくなったので、またメッキ狙いに変更し串本方面へ向けラン&ガン開始。

「かめミノー」の動きを確認

漁港のスロープ中心に何カ所も探るが、例年になく渋い。ベイトが確認できるときは、小さい個体がチェイスしてくることが数回あったが、フックには掛からなかった。

波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】「かめミノー」(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

ここで「かめミノー」の動きを確認してみると、サイズは2cmで約2gと小さいが、ジャークやトゥイッチの動きが秀逸。これなら食わせられると思うが、チャンスが少な過ぎるのでスロープ狙いを諦め、古座川へ移動した。

Dコンのフォールでキビレ

狙い所は足元のシャローとその先のブレイク。シャローは反応がないので、ブレイクの先にDコンタクトを投げフリーフォールでボトムまで沈め、ボトムからシャクリ上げブレイクで食わせるイメージで誘っていると、フォールの途中でひったくられた。引きが強く越冬メッキかと期待するが、釣れたのはうれしいゲストのキビレ。

波止ライトゲームで本命メッキ手中 『かめミノー』がキモ?【和歌山】うれしいゲストのキビレ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

次のページで「かめミノー」で本命登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。