自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成

ワカサギ釣りで使用する『釣台』はマストアイテムともいえる。自身が自作した道具で、釣りに行くのも楽しみの1つだ。今回は釣台の自作方法、「マイ釣り座」の作り方について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内 尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

ワカサギ釣りの『釣台』

ワカサギ釣りで必ず使うアイテムとなる『釣台』。釣場の勝手により、パーツは異なるが、ボートに付ける固定木や電動リールたたき台、桟橋やドームに置く釣台で構成される。コレは私のワカサギ釣りにおける使い心地により変化してきたモノであり、『安い、簡単、シンプル』をモットーに考えて今に至っている。

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成完成した各釣台たち(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

ワカサギ釣台の重要性

ワカサギ釣台は、釣果にも影響を与える重要なアイテムだろう。釣座周りをすっきりとまとめることができ、自身の釣座として機能する。また、手返し速度を上げるには必要不可欠であり、確実に必要なアイテムだといえるだろう。

自作に必要な材料

釣台を自作するのは簡単である。材料はすべてホームセンターと100円均一で手に入るのだ。必要なモノを挙げるなら、木板部材、ボルト、万力、紙ヤスリ、水性塗料、ニス、筆、ローラーなどだ。アレンジを加えてオリジナル要素を追加すると面白くなるので試してみよう。

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成100均で揃えた部材(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

自作手順

私の場合となるが、釣台各パーツの作例を紹介してみよう。

ボート用固定木

1)ホームセンターで数百円の固定木部材を手に入れる。

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成ホームセンターで釣台や固定木を手に入れる(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

2)ヤスリ掛けしたら水性塗料で塗り十分に乾燥させる

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成ボート用固定木をブラックに塗装していく(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

3)ニスを塗り十分に乾燥させる
4)最後に万力を付けて完成

桟橋用釣台

1)ホームセンターで固定木とベニヤ板を手に入れる
2)固定木とベニヤ両方ともヤスリ掛けしたら水性塗料で塗り十分に乾燥させる

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成釣台はヤスリ掛け後にブラック塗装(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

3)ニスを塗り十分に乾燥させる。
4)最後に固定木とベニヤ板をボルトで固定したら完成だ。

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成桟橋での釣台の使用例(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

市販品改造電動リールたたき台

1)市販品(クリスティア)たたき台の台部分をヤスリ掛け

2)台部分全体を油性カラースプレーで塗り十分乾燥

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成クリスティア改たたき台はブルー塗装(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

3)クリアスプレーを吹いて十分乾燥
4)カラーボードを台前面に両面テープを使い貼り合わせる

自作グッズでワカサギ釣りを楽しもう:手返し向上に必須の『釣台』作成たたき台用にカラーボートをカットする(提供:WEBライター・竹内 尚哉)

5)最後に磁石を台前面と裏面に取り付ければ完成

次のページでパーツ組み合わせて完成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。