アジングタックル流用で楽しむチニングのススメ 「ながら」釣りでOK

アジングタックル流用で楽しむチニングのススメ 「ながら」釣りでOK

アジングをしていると外道で掛かることも多いチヌ。今回はアジングタックルを流用したチニングについて解説しよう。ライトタックルを使用したやり取りはエキサイティングだ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

チヌは雑食性の魚

チヌはとにかく何でも食べる。雑食性だ。フナムシ、多毛類などのバグ系から、カニやエビ、そして小魚まで。

アジングタックル流用で楽しむチニングのススメ 「ながら」釣りでOKイカの足でも釣れたチヌ(提供:WEBライター・井上海生)

その他にも、釣りに使われるものとして、次のようなエサがある。

・イガイ
・カキ
・イソメ
・スイカ
・コーン

イガイ、カキ、イソメあたりは分かる。しかし、スイカやコーンなどを食べるのはどういう理由だろうか…。どうやら、汽水域などにも入るチヌは、生活排水に混じる食品を食べるらしい。そこで、地域によっては、スイカやコーンなどが釣りにも使われるという説もある。

本当に「雑食」である。

チヌ釣りのシーズン

チヌのベストシーズンは、乗っ込み(産卵期)で接岸してくる春だと言われる。さらに、夏は春に続いて高活性だ。とにかく何にでも食らいついてくるが、特にトップウォーターへのアタックが多いようだ。これも、水面にベイトを追い詰めるイメージで食ってくるのだろう。

秋はさらにアジやイワシなどの小魚に付いたチヌが多くなる。大阪南港ではこの時期はタチウオ真っ盛り。専門でチヌを狙う人が少なくなるので、キワでスレていないターゲットを狙うのも一興だ。貪欲な魚なので、低水温期でも鼻先にリグがいけば食ってくる可能性は高い。

『ながらチニング』のやり方

私はこのところ、アジが不調のため、アジングの装備で「フィネス・チヌ」のような釣りをよくしているが、これでチヌに力負けしたことはない。アジングタックルそのまま(6.4ftのロッド、1000~2000番のリール)、2inch前後のバスワームを使ってキワを探る。

食うレンジを見つけよう

コツは、ジグヘッドの重さをかえて、食ってくるレンジを見つけることだ。時には0.6g程度のヘッドで表層付近をふわふわと漂わせてバイトを待ち、また時には1.5g程度のヘッドで中層からボトム付近を巻きで誘う。

アジングタックル流用で楽しむチニングのススメ 「ながら」釣りでOK近似種のキビレもよく釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

使用するライン

その日によってどのような釣り方に反応するかは異なるので、その場で釣りをしながらパターンを見定めよう。ドラグを最大限に活用すればエステルラインでもとれるが、安心してやりたいならば、やはりPEライン0.3号程度あれば、ある程度余裕のあるやり取りができる。

タモは必須

ただ、専用装備でもそうだが、チヌは抜き上げが基本的にできない。必ずタモを持っていって、慎重にランディングしよう。30cm程度の個体でも、結構な重さがある。専用タックルならまだしも、アジングタックルでは抜ける魚ではないので、やはりタモは必要だ。

チヌは楽しいゲスト

雑食性のチヌは、いろいろな仕掛けに食いついてくる楽しいゲストだ。引きは強烈で痺れる。場所の水質次第では、食べてもおいしい。

個人的には、こういうゲストがいるから、釣りは楽しいと思う。大きなゲストが獲れると、海に出かけるモチベーションも上がる。チヌのような「雑食」の面白い魚がいてくれることは、釣り人にとって嬉しいものだ。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。