『筏キャスティングゲーム』満喫 簡単沖釣り気分?【福井・深田渡船】

『筏キャスティングゲーム』満喫 簡単沖釣り気分?【福井・深田渡船】

7月26日、福井県小浜市の深田渡船さんを利用して『筏キャスティングゲーム』を満喫した。ツバスにサバ、アジにタチウオなど、多彩魚種が狙えるのもこの釣りの魅力だ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

海釣り施設 イカダ&カセ

『筏キャスティングゲーム』の魅力

主にソルトゲームでは岸から青物を狙うショアジギングが人気であるが、筏からルアーで青物を狙うキャスティングゲームも注目を集めている。筏は船に比べてハードルが低く、渡船料金も安い。気軽に沖で釣りをしたい人にはとてもオススメな釣り方である。

ショアジギングと比べて、筏からのキャスティングゲームは飛距離がそこまで重要でないため、比較的軽めのメタルジグや、食わせ能力が高いミノーなどが多く使われる。アクションは通常のショアジギングと基本はほとんど同じでいい。

深田渡船を利用

7月26日、福井県小浜市の「深田渡船」さんの筏へサゴシを狙ってキャスティングゲームに向かった。

ロッドは9ft6inchのミディアムアクションのシーバスロッドに、リールが3000番クラスのハイギアのスピニングリール、ラインはPEライン1号、リーダーがフロロカーボンラインの30lbを使用した。ルアーはフロントにアシストフック、リアにトレブルフックを装着した40gのメタルジグを使用した。

当日の状況

メインターゲットはサゴシであるため、サゴシのジャンプやナブラを探しながら釣りを進めていく。しかし、ナブラやジャンプは一度も見ることはなく、サゴシの魚影は薄いと判断した。前日釣れていたサゴシ以外のアジやタチウオなども視野に入れ、メタルジグのアクションをハイピッチからスローピッチまで一通り探ることにした。

朝マヅメにツバス&サバ

午前4時に深田渡船さんに筏へ送っていただき、釣りスタート。タックルを準備していると段々と明るくなり、朝マヅメ突入。まずは光量が少ないため、グローカラーの40gメタルジグからスタート。ボトムまで落としてから表層に上がってくるまで連続ジャークして全層を探る。

するとボトム付近でヒット。青物らしい引きで上がってきたのはツバス(ブリの若魚)。30cm前後であったが、いい引きをしてくれた。

『筏キャスティングゲーム』満喫 簡単沖釣り気分?【福井・深田渡船】ヒットしたツバス(提供:WEBライター・古川竜也)

ボトム付近でのヒットであったため、ボトムに狙いを絞ってメタルジグをアクション。すると狙い通りヒット。次は良型のサバ。狙いのサゴシは一度も姿を見せることなく、朝マヅメが終了した。

中層でアジ&タチウオ

朝マヅメ後、ボトム付近でジャークするも反応なし。2時間ほど全く反応がなくなる。日が出てきたため、グローカラーからアジカラーにチェンジ。一緒に来ていた友人がサビキでアジを好調に釣っていたため、タナを聞くと中層とのこと。中層に狙いをかえて探るとすぐに反応あり。何投か探るとヒットし、上がってきたのは予想通りのアジ。中層に固まっているようだ。

そのパターンで探るとアジが3匹連続でヒット。アジが続かなくなったタイミングでアクションをかえてみる。中層をただ巻きで探るとまさかのタチウオ。昼間にこのサイズが釣れるのは嬉しい。

その後は、ナブラが立っている場所に投げるとハマチやサバが釣れ、ナブラのない時にボトム付近をワンピッチジャークで探っていくと、アジを数匹釣ることができた。サビキで釣りをしていた友人は、良型のサバとアジを複数匹キャッチしており、大満足の釣行となった。

『筏キャスティングゲーム』満喫 簡単沖釣り気分?【福井・深田渡船】当日の釣果の一部(提供:WEBライター・古川竜也)

次のページで当日のパターンを考察

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。