博多湾でジギングタチウオ お盆過ぎでも好調期待【エル・クルーズ】

博多湾でジギングタチウオ お盆過ぎでも好調期待【エル・クルーズ】

7月中旬に博多湾にタチウオ狙いで出船。短時間の釣行ではあったが、終了までコンスタントにヒットし、全体としてもかなりまとまった釣果となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エル・クルーズでジギングタチウオ

当日は午前5時に箱崎漁港「エル・クルーズ」を出船し、ジギングタチウオへ。約20分で博多湾のポイントに到着。潮が動かず風も吹いていなかったので船が流れない、やや不安な状況の中でのスタート。

博多湾でジギングタチウオ お盆過ぎでも好調期待【エル・クルーズ】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

しかし、その不安はすぐに吹き飛び、テンヤで釣りをしている人は開始直後から連発。潮が動かなかったり活性が低い状況だったりと、ジグよりもエサで狙うテンヤに分があることも多いが、この日もジグにアタリがないわけではないものの、テンヤの方が圧倒的にヒット数を稼いでいた。

博多湾でジギングタチウオ お盆過ぎでも好調期待【エル・クルーズ】朝からテンヤが好調だった(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

ジグでもタチウオ連打

この日は初挑戦の人も多かったので、少しアクションのコツをアドバイスすると、徐々にメタルジグ組もペースアップ。相変わらず潮は動かない状況ではあったが、反応がでる所では確実にタチウオからのバイトを稼ぐことができるようになり、メタルジグ、テンヤともにタチウオ連発。

通常、ある程度船が流れないと効率よくポイントを探っていけないが、この日は素直にバイトがでる状況で、かえって船が流れないので群れの上に長く留まることができているのが功を奏し、次々とヒット。

博多湾でジギングタチウオ お盆過ぎでも好調期待【エル・クルーズ】メタルジグもペースアップで良型キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

最終釣果

アベレージサイズは相変わらず指幅3~3.5本クラスだが、数を釣っていく中で指幅4~4.5本クラスの良型もいくつか出るようになり、結局、終了までコンスタントにヒット。個人ごとの釣果の差もあまり感じられず、全体としてもかなりまとまった一日となり、9時30分にストップフィッシングとした。

今後の釣況

タチウオのシーズンは、例年だと大体お盆ぐらいまでが目安だが、今年の感触だとまだまだ釣れると予想できる。

気温が上がりきる前に短時間で楽しめることができ、沖がシケても湾内の釣りになるので気軽に挑戦することができるタチウオ釣り。残りのシーズンは決して長いとはいえないが、楽しみ尽くしたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。