桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】

7月18日、釣友の二上さん親子3人と一緒に東京・江戸川放水路へハゼ釣りで出かけました。船釣りが多い私は桟橋からの釣りは初めて。大人も子供も大忙しだったハゼ釣り初挑戦の模様をレポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:白井亜実)

TSURINEWS編集部

その他 ファミリーフィッシング

江戸川放水路で桟橋ハゼ釣り

7月18日(土)、朝から降る雨が午後には止む予報。梅雨の時期の船釣りは、雨に加え風予報も読みづらいですが、すぐに準備できて手軽なハゼ釣りがあることを知ってとても嬉しい気分。

ハゼ釣りは、川岸からでも釣りはできるようですが、今回は船宿の桟橋を利用させてもらいました。料金は女性・子どもは¥500と、とてもリーズナブルです。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】桟橋で手軽に楽しみました(提供:白井亜実)

ハゼ釣りタックルとエサ

私は手持ちのシロギス竿を用意、二上さん親子は振り出し竿を使います。仕掛けは、天ビンに3号のオモリとハリがセットされていて、ミチイトに直結するだけで使える市販のワンタッチ仕掛けを使用しました。

船宿に話を聞いたところ、「まだハゼが小さいので、ハリは3号か4号くらいがいい」とのこと。

エサは青イソメを2cmくらいにカットしてチョン掛け。イソメが苦手な人はホタテでも食いがいいようです。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】当日使用した仕掛けと釣果(提供:白井亜実)

子供たちに本命ヒット

私が準備に手間取っていると、早くも煌くんが「釣れた~」と声を上げながら10cm級の良型を抜き上げています。両手で大切に持って記念撮影する姿が、なんとも愛らしい。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】両手で大切にハゼを持った煌くん(提供:白井亜実)

「いいな~」と、暖ちゃんも一生懸命。しばらくすると「きた~」といいながら竿と魚を持って、嬉しそうにかけよるマスクのなかは、にっこり笑顔。

お母さんは大忙しで、「全然釣りできないー」と言いながら、それでも楽しそうな子どもたちの姿にとても嬉しそうです。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】マスク越しでも笑顔の暖ちゃん(提供:白井亜実)

大人たちも本命を追釣

大人2人も準備が整ったので釣りスタート。着底して間もなく、ブルブルッというアタリ。アワせると10cmくらいの本命

ズルズル底を引くと、カキ殻など障害物に引っかかるので、それらを避けながら、少しずつ海底を探ります。すると、ポツリポツリと釣れてとっても楽しい。

二上さんは少し遠くにキャストして1尾目。「あそこに固まってるみたい」と、いいポイントを見つけた様子。「小さいのはなかなか掛からないけど、大きいのはアタリがダイナミックだね」といいながら追釣。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】二上さんと楽しみました(提供:白井亜実)

ゲストにクロダイ稚魚が

仕掛けをサビいてくると、手前でカンカンと何かアタりました。アワせると、なんとクロダイの稚魚。とっても可愛いゲストの登場にほっこり。

桟橋からのハゼ釣り初挑戦 子供にもヒット連発で笑顔【江戸川放水路】ゲストにクロダイの稚魚(提供:白井亜実)

このあと、アタリが遠くなったので、なるべく遠くへ投げて、ゆっくり巻いてくるようにしました。すると、コンッと気持ちのいいアタリ。アワせるとハリ掛かりせず、またコンコンコン。素早くもう一度アワせるとプルプルッと竿先にわずかな重み。今度は乗って釣7cmがハリ掛かり。このサイズだと、なかなか掛からないわけです。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。