今さら聞けないアジングのキホン:覚えておきたい2つの「ノット」

今さら聞けないアジングのキホン:覚えておきたい2つの「ノット」

細糸を使うアジングでは、リーダーはマスト。メインラインとリーダーの「ノット(結束)」次第で、強度に差が出てしまう。ライトゲーム好きの筆者がオススメのノットを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

エステル直結の可能性

張力に弱く、すぐにプチプチと切れてしまうのが難点のエステルライン。最近は製品も改良されて、全体に非常に品質が上がっている。0.3号程度にもなれば、かなり強い。そして、手に取って触れば分かるが、結構太い。対摩耗性もそこまで悪くない気がする。

今さら聞けないアジングのキホン:覚えておきたい2つの「ノット」エステル0.3号なら直結もあり?(提供:WEBライター・井上海生)

アジング歴が長い人の中には、中アジくらいまでが相手なら、エステル0.3号をジグヘッドに直結する人もいるらしい。私も何度かやったことがあるが、問題は感じなかった。ただし根が荒い場所などではありえないノットなので、あくまで参考程度に覚えておこう。

簡単に組めるノットを使おう

細糸でプレーするアジングでは、根掛かりなどでジグヘッドをロストするとき、リーダーがきちんと帰ってきてくれることは少ない。ノットを現場で簡単に組める技術が必要なので、しっかりと練習しよう。なお、ノット結束時には風に背を向けることは鉄則である。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。