沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】

7月5日、長崎の田中義一名人から「野母三ツ瀬でイシダイが食いよるけん釣りに来んば」とお誘いを受け、二つ返事で釣行を計画。まさかの大ダイに出会った釣行をレポート。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

野母・三ツ瀬へ渡礁

釣行当日の野母三ツ瀬は低気圧の影響でウネリが残るタフコンディション。名礁「ワンド」になんとか上礁したがウネリで釣り場がなくなるため、安全第一に高台で波が収まるのを待つことにした。

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

上礁して3時間後、ようやく釣りができる状態になったが、本命の北側先端ポイントはときどき波をかぶるため、東側に釣座を構えた。

当日の底物釣りタックル

3時間のロスもあり、納竿まで3時間の時短サオ出し。そそくさとピトンを打ち、サオ受けに新調したサオをセット。エサはガンガゼ(ウニ)を使用。底物釣りは初心者なので、先輩をお手本に見よう見まねで仕掛けを作り釣り開始。

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

レコードサイズがヒット

ガンガゼを2、3個潰してまきエサを打ちながらアタリを待つこと30分、ウネリで左右に振られていたがサオ先が一気に海中へ突き刺さった。慌ててサオを起こしにかかったが、強烈な引きでリールのドラグが滑りラインが出される。スプールを指で押さえ魚が止まるのを待った。

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】野母三ツ瀬・ワンド東側(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

周りからは「イシダイならレコードサイズばい!」と冷やかされたが、私にはそんな歓声に応える余裕もなく豪快ファイト、なんとか走りが止まり巻き上げ開始。過去、何度か釣ったイシダイの重量感に加えスピードもあり、「サメ?」と疑いながら幾度の突っ込みに耐えた。それを見た師匠の小川さんから「やり取りに有利な釣座に行け」とアドバイス。

想定外の80cmマダイ浮上

我に返りラインが瀬に当たらない釣座に降りて格闘開始。ようやく浮いてきたのは、なんと巨大なマダイ!今回はイシダイ釣りのためタモもなく、慎重に瀬ズレワイヤーをつかみ無事ランディング。磯の上は一気に盛り上がり、エアータッチで喜びを分かち合った。計測すると80cm6.5kgの立派なマダイだった。その後はアタリもなく、あっさりと納竿を迎えてしまった。

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】80cm6.5kgのマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

イシダイキャッチの報も

福岡に帰る私たちは納竿して磯を離れたが、地元の田中名人は釣果に納得いかず居残り。私たちが福岡に着いたころ、「釣れたよ」とイシダイ2尾の写真を送ってもらった。

沖磯での底物釣りで想定外の80cmマダイ浮上【長崎・野母三ツ瀬】イシダイ40cm(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

<週刊つりニュース西部版 APC・森正和/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
照三丸
出船場所:脇岬港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。