ジグヘッド+青虫で60cm級「ヒラ」をキャッチ【熊本・松合漁港】

ジグヘッド+青虫で60cm級「ヒラ」をキャッチ【熊本・松合漁港】

熊本県宇城市・松合漁港で、ヒラの食いが活発化。6月24日、思わぬ大物ヒラをキャッチした釣行をレポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

松合漁港でハダラ&ヒラを狙う

松合漁港のヒラは夏にシーズンを迎える。サビキ仕掛けで狙うハダラ(サッパ・ママカリ)釣りの他魚として掛かってくるパターンが多い。午後5時すぎ、まずは山本釣具センター宇土店で仕掛けなどを購入。ついでにヒラやハダラの釣況をたずねると「三角東港や松合漁港などがいい」とのこと。

まずは三角東港に向かった。この時点ではヒラのことは考えず、サビキで手堅くハダラ(サッパ)を釣る計画だった。しかしサオ出しから30分ほどたっても気配がないので、松合漁港に移動した。

ジグヘッドでヒラを狙う

ここでは開始から間もなく10~15cmのハダラが掛かり始めた。テンポよく数を重ねるうちに、強いアタリ。魚はぐいぐい横走りした後に飛び跳ね、ヒラが姿を見せた。慎重にやり取りするが、ハダラ仕掛けのためチモトから切られてしまった。

その後もハダラは順調に釣れ、時折ヒラのバラシがある。そこで、いったん車に戻り、エギングロッドとジグヘッド、それに夜釣りのセイゴ用に準備しておいた青虫を取り出した。

ジグヘッド+青虫で60cm級「ヒラ」をキャッチ【熊本・松合漁港】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

ジグヘッドは蛍光カラーでコーティングしてあるメバル弾丸をチョイス。これに青虫を刺した虫ヘッドを使用。

60cm大物ヒラ手中

フルキャスト後のただ巻きを試すと、一発で食ってきた。何度もジャンプを繰り返し、強引に寄せたのは40cmほどのヒラだった。

この1尾に満足し、ラスト1投で終わろうとしたときだった。これまでとはまるで別もののアタリがきた。スピードに加え、重量感もある。さらに大ジャンプを繰り返して抵抗し、慎重にやり取りしてタモに収まったのは、60cm級の大物ヒラだ。

ジグヘッド+青虫で60cm級「ヒラ」をキャッチ【熊本・松合漁港】ヒラ60cmをキャッチした筆者(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

納得の1尾を追加したところで、7時に納竿した。現地のヒラは秋ごろまで狙える。ハダラがいる時がチャンスのようだ。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
松合漁港
問い合わせ:山本釣具センター宇土店=TEL0964(23)3630
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。