遠州灘で本命アラ顔見せ ゲストに高級魚オニカサゴ【静岡・わし丸】 

遠州灘で本命アラ顔見せ ゲストに高級魚オニカサゴ【静岡・わし丸】 

6月21日、静岡県・遠州新居港のわし丸に中深海釣りで乗船。本命アラだけでなく、オニカサゴ、ウッカリカサゴなど高級魚もキャッチした釣行をレポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

遠州灘でアラ狙い

何事も1つの結果を出すには、ある程度の辛抱が必要だと言われる。「石の上にも三年」という例えもあり、自分なりに満足のいく結果を出すためには、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)する必要があるだろう。

一緒に釣行するOG氏もそんな状況で、3年前から始めた遠州灘のルアーでの中深海釣りで、最近は型物をゲットするようになってきたが、大本命のアラはまだの状況だ。いつかは釣りたいと思っているのが分かるので、周りから見ている私としても釣らせてあげたいと思って、3年は辛抱した方がいいと話している。3年といってもシーズンが限られているし、シーズン中は回数も限られているので、回数的にはさほど多くはないのだが。

夏至の日食は実に300年ぶりとのことで、この次は700年以上後という非常にまれな日となった。本命のオニカサゴ、ウッカリカサゴ、お土産はチョウカ(ユメカサゴ)なので、クーラー内は安心の釣り。一緒に待ち合わせて車を走らせていくとさすがに夏至で、すでに東の空が明るくなっている。

わし丸出船で中深海釣りへ

遠州新居港のわし丸に到着すると岸壁に人が多く、警備のためかパトカーも巡回しているなか道具を降ろす。知り合いのOT氏と、もう1人も到着。OT氏も中深海釣りの歴史は長い。OG氏はルアー参戦なので、トモが決定済みなので3人でじゃんけんをして、私は負けて左舷のミヨシへ座ることになった。

道具はいつもの3本バリの片テンビン仕掛けで、テンリュウのサオに大型電動リールを装着する。水深200m前後を攻めるのでオモリは200号を装着し、潮次第で重くしたりする。エサはイカ短とサバだ。

船が港を離れて太平洋へ出ると、梅雨の谷間の天気のようで太陽が出ている。東に雲があり、時間が経過するにつれて曇りがちになり、風が出てくる予報。多少波があるなか、船は順調に太平洋を進んでいく。

幸先よくチョウカ(ユメカサゴ)ヒット

周りに何も見えなくなり、ポイントに到着して早速釣り開始。エサをチョン掛けにして投入の合図を待ち、ルアー釣りの人が先に入れて船が少し動き、次にエサ釣りの人が同時に投入する。テンビンをサオ先につるして、後から仕掛けを入れないと手前マツリになる。

水深180mとのアナウンスがあり、それまではエサを切ったり水をくんだりする。海底にオモリが到着すると、潮はほとんど動いていない状態。海面では少し流れていたのだが、それを打ち消す感じなので、船の動きは少ないのだろう。

底潮が流れていないので、普段の倍の長さのタナを取って待つと、チョウカからのアタリがすぐにくる。夏に向かって食いが上がってくる魚で、上げてみると体色も良く、腹も張っており太っている。こういう魚体は、脂もあって食べるとうまいのだ。

良型カサゴ族&本命アラ浮上

潮が緩いので、タナ取りを頻繁にする。OT氏はガンガン引くアタリを味わっているが、これはイシナギだった。3投目、大きめのアタリで上げ始めると結構な引き。これはいい魚だろう。上がったのはまあまあサイズのウッカリカサゴで、まずは型物を手中にして一安心だ。

トモが騒がしいので行くと、OG氏が良いものを上げたようで、魚を見て「あっ」と声を上げた。なんと小ぶりだが大本命のアラ。3年目の勝負で、自力でアラを上げることができ、満面の笑顔での写真タイムとなった。

その後、OT氏に大型のオニカサゴがきたり、私にも中型のオニカサゴがきたり、潮が動かないながら船長の小まめな移動でクーラーは赤い高級魚で埋まってくる。曇りとなって、風が吹いてきたので少し肌寒いが、梅雨のムシムシするような天気よりはいい。

遠州灘で本命アラ顔見せ ゲストに高級魚オニカサゴ【静岡・わし丸】 オニカサゴも高級魚だ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

型物主体で最終釣果まずまず

OG氏はアラを釣ってからリラックスモードで、ウッカリやチョウカを上げているようだ。私にも大本命らしいアタリが出たので、サオを持って軽く聞き上げるとクイクイと引く。アラっぽいが、イマイチ引きが弱いなと思っているとホウボウ。

潮が流れていないのでアタリは少ないが、それでも型物が釣れるのは豊かな遠州灘だ。ラスト前の流しでフグっぽい魚に2本バリを取られて、最後の流しで新しい仕掛けを出すが、悩んだが後悔したくないので、新規を出すと良型のチョウカが3匹釣れて納竿の時間となった。

遠州灘で本命アラ顔見せ ゲストに高級魚オニカサゴ【静岡・わし丸】 中深海にチャレンジしてみてはいかが(提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

結果、アラ1匹、オニカサゴ2匹、ウッカリカサゴ3匹、ホウボウ1匹、メバル1匹、チョウカ9匹と型物主体でクーラーは中程度の埋まり具合。OG氏が念願を成就した記念日は、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばすような満足の結果だった。中深海はこれからが本番なので、事前に予約の確認をして参戦してほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:わし丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。