【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』など

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』など

福岡・長崎から沖のルアーフィッシング最新釣果情報が届いた。ジギングでヒラマサ11.9kg浮上。その他、SLJでイサキ入れ食いにタイラバも好調の模様。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸漁丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

福岡県:かつ丸

6月27日、北九州市門司・門司港の、かつ丸は角島沖にタイラバで出船。潮がなかなか動かず厳しい状況だったものの、マダイ4kgを頭に約40尾。ほかにも2.5kgのアオナなども釣れた。潮良ければさらに数釣りが期待できる。夜焚きイカは胴突き、イカメタルともに釣る人60尾と順調に数が伸びだしている。

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』などマダイ4kg筆頭(提供:かつ丸)
▼この釣り船について
かつ丸
出船場所:門司港

福岡県:EBISUYA

6月27日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、企業の釣り大会で響灘にタイラバで出船。マダイは3kgを筆頭に好ヒット。ほかにも、アマダイやアコウ、タカバ、アオナなど良型も多く多彩な釣果となった。今後も好土産が期待できる。

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』など3kg交じり(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

福岡県:Elephant

6月27日、北九州市・小倉港のElephantがリレー便で響灘に出船。実釣4時間のタイラバでは大ダイ70cm頭に28尾と数キャッチしたほかレンコ、イトヨリ、ホウボウ、アオナなども好釣り。リリースも多数したとのこと。イカメタルでは中型ヤリイカ主体にパラソル級も交え1人30~50尾キープしている。

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』など大ダイ70cm(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

福岡県:光生丸

6月28日、北九州市若松区・北湊の光生丸がSLJ(スーパーライトジギング)で響灘に出船すると、前半は食いがイマイチだったものの、潮変わり前後に良型イサキが1尾釣れると、それを皮切りに船中では船長のタモ入れも追いつかないほどのラッシュに突入し大型イサキを数キャッチ。ほかにもマダイ、ヒラゴ、ヤズなども追加し好ファイトを存分堪能できたようだ。

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』など良型キャッチ(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

長崎県:幸漁丸

6月25日、長崎県平戸市早福の幸漁丸は、ジギング、SLJで平戸沖に出船。写真の乗船者は初乗船で、見事11.9kgのヒラマサを仕留め披露してくれた。夏マサ到来で入れ食いシーンもあり、今後も楽しみだ。イサキもサイズ、数が上向いており好土産となった。

【福岡・長崎】沖のルアーフィッシング最新釣果 12kg級『夏マサ』などヒラマサ11.9kg(提供:幸漁丸)
▼この釣り船について
幸漁丸
出船場所:早福港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。