外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】

6月半ばに外房大原のつる丸から、午後テンヤマダイ釣りに行ってきました。潮色があまりよくないながらも、多彩な魚と出会えた釣行をレポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

外房大原沖でテンヤマダイ

6月半ばに外房大原のつる丸から午後テンヤマダイで釣行。同沖のマダイ釣りは、今まで2回行ったことがあります。でも、大シケによる船酔いと激しい速潮で底が取れず撃沈。ちゃんと釣りができたことがなかったので、この日はリベンジ釣行となりました。

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】出船場所(作図:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

大原沖テンヤマダイの基本

出船1時間前に、船宿に到着。奇麗な女将の出迎えを受けます。受け付けを済ませたら港へ。

使用したテンヤ仕掛け

使用するテンヤは5~6号。準備を整えて正午に出船。15分ほど走って水深20mのポイントへ。テンヤマダイは何回かやったことはありますが、「郷に入れば郷に従え」ということで、誘い方など船長に聞きました。

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】使用したテンヤ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

テンヤの誘い方とタックル

船長によるとテンヤの誘い方は、「大原沖は根掛かりが多いので、着底したら1m上げて待つようにと」とのこと。聞いている間にもツンツンとアタリがきてびっくり。誘うときは底を取り直すか、5mくらい巻き上げて落とし直す。潮や風で船が少しずつ流れているので、それほど誘いは重要ではないようです。

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

テンヤで本命マダイゲット

さっそく船長のアドバイス通りにテンヤ釣りを実践。でも、なかなかアタリがこなくて、あったとしてもチクチクとエサをかじられて終了…。「ほんとに待ってるだけでいいのかな」と、不安になりつつタナを取り直します。

集中して続けていると、落としてすぐに待望のアタリ。竿が深く入り込んだのでアワせて巻き上げます。釣れてきたのは小型ながら本命のマダイ。このパターンでもう1尾追加。

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】小型ながら本命マダイをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

その後、ショウサイフグやガンゾウビラメ。周りではイナダも上がっていました。

外房テンヤマダイで本命キャッチ 好ゲスト「ヒラマサ」も【つる丸】ショウサイフグ登場(提供:週刊つりニュース関東版 東京・金澤美穂)

次のページで『海のスプリンター』登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。