夏のサビキ釣りは子連れ釣行に最適 仕掛けにひと工夫でトラブル防止

夏のサビキ釣りは子連れ釣行に最適 仕掛けにひと工夫でトラブル防止

いよいよ夏本番となり、アジ・イワシなどの回遊魚の本格的なシーズンとなってきました。今回は、家族と気軽に美味しい魚を狙える「サビキ釣り」の概要と子連れ釣行ならではの注意点を紹介します。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

その他 ファミリーフィッシング

夏のサビキ釣りの魅力

サビキ釣りの魅力といえば、やはり「簡単・お手軽」というところ。群れに当たれば基本的には仕掛けを沈めておくだけですので、お子さんにも簡単です。

また後述するように、夏にはアジやイワシなどの比較的ポピュラーな魚がターゲットなので、家に持ち帰っても喜ばれますし、きちんとクーラーボックスで冷やして持ち帰れば美味しいですよ。

夏のサビキ釣りは子連れ釣行に最適 仕掛けにひと工夫でトラブル防止アジが食卓を飾ってくれる(提供:photoAC)

サビキ釣りのタックル

サビキ釣りに必要な道具ですが、正直こだわる必要はありません。なんでも良いとなると、逆に迷ってしまうかもしれませんので、参考までにタックル例を紹介します。

ロッド

2.1~5.3mのシーバスロッド、磯竿、渓流竿など。長すぎると子供には取り回しにくいです。

ライン

ナイロンライン2~3号が扱いやすくてオススメ。

リール

小型のスピニングリールを選んでください。大型のリールは汎用性が高そうですが、大きくなれば重くなります。重くなると、子供には扱いにくくなるでしょう。

サビキ仕掛け

メーカーから市販品が各種販売されています。上カゴ式と下カゴ式がありますがどちらでもOKです。

タックル選びのポイント

次に、サビキ釣りの道具選びのポイントをご紹介。

基本的には持っているタックルを流用すればOK。ロッドとリールは特にこだわる必要もなく、高価なタックルは必要ありません。

とはいえ、オールインパックになっている「格安セット」についてはご注意を。ロッドは問題ありませんが、付属のリールとラインには注意が必要です。過去に、ライントラブル多発で釣りどころではなくなってしまったことも。2,000~3,000円で有名メーカーの入門用リールが購入できますので、そちらをオススメします。

トラブル防止方法

サビキ釣りのデメリットは、ハリの本数が多いことでしょう。トラブルの防止のため、全長が短めのものを使ったり、ハリの本数をカットして減らすなどすると、仕掛けの絡み防止になります。

またハリが服に刺さってしまうなんてトラブルも子供だと多発しがち。スレバリのサビキ仕掛けが発売されているので、それらを活用するとトラブルを防止できます。

夏のサビキ釣りは子連れ釣行に最適 仕掛けにひと工夫でトラブル防止スレバリ仕様のサビキ仕掛け(引用:ささめ針)

次のページで釣り場の選び方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。