リバーシーバスゲームで55cm本命 『イナッコ』パターンで攻略【愛知】

リバーシーバスゲームで55cm本命 『イナッコ』パターンで攻略【愛知】

6月4日、愛知県・大治町を流れる新川へリバーシーバスゲームに出かけた。マッチザベイトの重要性を再認識できた釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新川でリバーシーバスゲーム

6月4日、愛知県・大治町を流れる新川へリバーシーバスゲームに出かけた。現地に到着したのは午後8時半すぎ。県道68号線より上流の区間からスタートフィッシング。

当日のタックル

まずは当日のタックル紹介から。ルアーはラッキークラフトビーフリーズ65Sのアカハラパールカラーをセレクトした。まずは街灯の光でできた明暗部の周辺へ、ダウンストリームにミノーをキャスト。着水後ミディアムスピードのタダ巻きで探る。

リバーシーバスゲームで55cm本命 『イナッコ』パターンで攻略【愛知】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

反応がないので扇状にキャストしていき、最終的にはアップストリームで探っていくがやはり反応なし。場所も少しずつ移動していくが、反応はなかった。さらに上流の新川と五条川が合流する地点より上流へ移動。すると街灯の光で誘われたのか、足下に小魚の群れが集まっていた。群れの中にミノーを通すが反応はない。

ベイトはイナッコ

時折護岸の際まで小魚の群れが寄ってくるので、ランディングネットですくってみると、ボラの幼魚のイナッコだった。魚の種類や大きさを確認したことから、思ったよりベイトフィッシュは小さかったので、ルアーをデコイデルタマジックSVー51の2.5g+エコギアアクア活メバルSTグラブ2inch(ナチュラルパールグロウカラー)の組み合わせにした。

リバーシーバスゲームで55cm本命 『イナッコ』パターンで攻略【愛知】ベイトの正体はイナッコ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

するとイナッコの群れがパチパチと水面で騒ぎ始めた。イナッコを追って捕食している魚がいるようで、時折何が水面に出て追い回している。

55cm級シーバスゲット

そこでリールのベールを返したままにし、いつでもキャストができる状態で待ち、ライズが起こった瞬間にキャスト。着水後すぐに浅いレンジをスローに引いてくると、ラインが張って手元に重みが乗った。

アワセを入れるとヒット。魚は川の流れに乗り、ドラグ音とラインを出しながら一気に下流へと走る。走りが止まったと思えば水面で豪快なジャンプを繰り返す。姿を現したのは良型のシーバスだ。

ロッドティップを下に向け、ジャンプによるバラシを防止するが、相手のパワーが上のようで何度も繰り返し抵抗を見せた。内心で「バレるな!バレるなよ~」と叫びながら魚をいなし、寄ってきたところで一気に勝負。

リバーシーバスゲームで55cm本命 『イナッコ』パターンで攻略【愛知】読み通りのヒットで55cm級(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

ランディングネットに収まったのは、55cmクラスのシーバスで、思わずガッツポーズ。キャストしたシーバスが先ほど捕まえたイナッコを吐き出していたので、狙いは間違っていなかったことがさらにうれしかった。

この後反応はなく、午後10時すぎに終了。今回は1匹の魚からマッチザベイトをあらためて認識する釣行となった。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。