沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】

長崎県壱岐・郷ノ浦沖の「沖黒島」へ磯アラ狙いに向かった。沈黙の6時間を経て、体長110cm(13kg)の大型アラに出会えた釣行をレポートしよう。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

沖黒島で磯アラ狙い

長崎県壱岐・郷ノ浦沖の「沖黒島」の磯へアラを狙いに向かった。

今回の同士は小川さん、横山さん、丸山君と私の4人。呼子から渡船かいりゅうに乗り込み約40分で沖黒島へ到着。人気の磯のため、船長からポイントを指示され各自荷物を置いて釣り準備。小川さんと私はアラ狙いで北側に、丸山君と横山さんはイシダイ&上物狙いで西側に上礁した。

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

磯アラ狙いの仕掛け

私は磯アラ釣行の2回目のド素人のため、師匠の小川さんにレクチャーを受けて釣り開始。磯アラ狙いの仕掛けは、エサの冷凍サバを1尾掛けしてぶっ込む豪快な釣りだ。

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

事前情報によれば壱岐では磯アラが好調で、1週間に8尾が上がっているとのことで期待が高まる。

沈黙の6時間

とはいえ、幻の魚であるアラはそう簡単に釣れる魚ではなく、釣り開始から6時間経ってもサオ先に何の変化もないまま夕方を迎えてしまった。

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

夜釣りに備え、早めの夕食を取ろうと釣座から小川さんが離れ数分が経った時、小川さんのサオに変化!サオ先がモゾモゾと反応。小川さんに「何かモゾモゾしてますよ~」と冗談交じりに報告。小川さんは「なんばアタリか!?サラシでモゾモゾしよったい」と余裕の表情。

大アラ110cm13kg急襲

その時、サオが一気に海中へ突き刺さった!「きた!!」と皆でサオに駆け寄りファイト。サオが何度も折れそうなほど突っ込まれたが、巧の技で魚をいなし浮かせることに成功。

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】アラとのやり取り制す(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

海面に姿を見せたのは、今まで磯では見たことのない大アラ。私は震える足でギャフを掛けに向かったが、目の前の大物と生まれて初めてのギャフに戸惑い、なかなかギャフが刺さらない。 永遠にも感じた5分後、なんとかギャフ掛けに成功し見事ゲット。小川さんとハイタッチ。体長110cm(13kg)の立派なアラ。

3kgカンダイをキャッチ

福岡から1時間弱の釣り場で幻の魚と遭遇できる夢の「BIG GAME」。しばらくハマりそうな予感。 一方、私と横山さんはボウズ……。丸山君は初めてのイシダイ釣りで3kgのカンダイをゲットし納竿となった。

沖磯アラ釣りで110cm13kg本命浮上 エサは冷凍サバ1尾掛け【長崎】カンダイも上がった(提供:週刊つりニュース西部版 APC・森正和)

<週刊つりニュース西部版 APC・森正和/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。