バスフィッシングにおける『バックスライドワーム』の代表的メリット5選

バスフィッシングにおける『バックスライドワーム』の代表的メリット5選

ノーシンカーでカバー奥へアプローチできる「バックスライドワーム」。状況に応じて他のルアーと使い分けると大きな武器になる。今回はそのメリットを5つ紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

バックスライドワームとは?

現在バックスライドワームは様々なメーカーから発売されている。小さいものから大きいものまで色々とあるが、一般的にはワーム単体でも10g以上あるものが多い。形状はスリムな扁平ボディに、アームやスカートなどのパーツが付いていることが多い。

バックスライドワームの使い方

バックスライドアクションを出すために、フックは逆に付けてノーシンカーで使用する。ワームに自重があるため、ノーシンカーで十分飛距離が出せる。着水後にラインをフリーにすると、アングラー側(ラインテンションがかかっていた方向)と逆方向にゆっくりとスライドする特徴があるため、狙いたいカバーの手前にキャストして使用する。

着水後はラインをフリーにして、フォールさせる。この時にバイトするとラインが急に走っていったり、ラインの放出が止まったりするためよく見ておく必要がある。バイトがなく着底したら、2回ほど軽くロッドをシャクって、またフォールさせる。これを何回か繰り返すのが、バックスライドワームの基本的な使用方法となる。

バックスライドワームが有効な条件

バックスライドワームを使用するタイミングとしては、バスがカバーに付いていることが必須条件である。そのため、カバーにバスが付きやすい初夏から晩秋までがパターンとして成立しやすい。またローライトやマヅメのタイミングでは、バスがカバーから出て行くことが多いため、昼間のピーカン無風の時など、カバーに魚が付きやすい時間帯に使用すると良い。

<バスフィッシングにおける『バックスライドワーム』の代表的メリット5選バックスライドワームの例(提供:WEBライター・古川竜也)

バックスライドワームのメリット5選

ここからは更に具体的なメリットを紹介しよう。

1.飛距離が出る

先程述べたように、バックスライドワームはノーシンカーでも比較的重量がある。また、カバーのすり抜け性能を高めるためにワームのパーツが少ないので、空気抵抗も少なくなり非常によく飛ぶ。他のリグでは届かない対岸のカバーなどもバックスライドワームであれば、狙うことが可能だ。

2.カバー奥を狙える

前述したように、バックスライドワームの醍醐味ともいえるアクションを使えば、カバーの奥を狙える。他のリグでは攻めにくいカバー奥へのアプローチが可能だ。

3.ナチュラルにアクションできる

他のリグにはシンカーを付けるために、どうしてもアクションがピーキーになってしまう。バックスライドワームであればノーシンカーでアプローチできるため、ナチュラルにゆっくりフォールして誘うことが可能だ。

4.スキッピングがしやすい

バックスライドワームはパーツが少なくキャスト時に受ける空気抵抗が少ない。自重もあるため、水の抵抗も受けづらくスキッピングがしやすいのも特徴だ。カバーの奥へスキッピングでキャストした後、フォールで更に奥へとワームをアプローチできる。

5.デカバスが釣れやすい

デカバスは非常に賢いことが多い。スレているバスはテキサスリグなどのシンカーを見ると見切ってしまうこともある。シンカーをつけないバックスライドワームは、賢いデカバスもバイトしやすい傾向がある。また、ルアーの届かないカバーにデカバスが潜んでいることもある。

バスフィッシングにおける『バックスライドワーム』の代表的メリット5選カバーの奥を攻められる(提供:WEBライター・古川竜也)

次のページでデメリット3選を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。