ライトゲームにおける『フロートリグ』 強みは飛距離だけではない?

ライトゲームにおける『フロートリグ』 強みは飛距離だけではない?

メバル、アジ、シーバス、クロダイ、カサゴ、カマスなどターゲットも多種多様なライトゲーム。小さくて軽いルアーを投げるという性質上、ジグ単だけでは飛距離が出ません。そこで、今回はライトゲームの飛距離を大幅に伸ばすフロートリグを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

ジグ単の利点と欠点

まず、ライトゲームにおいて最もポピュラーなジグ単(ジグヘット単体)リグのメリットとデメリットを紹介します。

ジグ単のメリットは「簡単、お手軽」、「ルアーの価格が低くコスパが良い」などが挙げられます。一方、デメリットとしては「飛距離が出ない」、「今、ルアーが水中のどこにあるのかをイメージしにくい」、「風が強いと釣りにならないことがある」などがあります。

ジグヘッドとワームだけという手軽さで、タックルさえあれば、どこでも釣りができるというのはかなり嬉しいところ。しかし、ジグ単リグは飛ばせてもせいぜい15mほど。重いジグヘッドにすれば飛距離は出ますが、沈みすぎてすぐ根掛かりが…。そんなデメリットを解消するのが、フロートリグです。

ライトゲームにおける『フロートリグ』 強みは飛距離だけではない?沖のフレッシュな魚をゲット(提供:WEBライター・檜垣修平)

フロートリグの概要

ライトゲームに使用するフロートを見てみると、ウキ釣りをしたことのある人には既視感があると思います。ウキフカセ釣りでいうところの「飛ばしウキ」とほぼ同じ役割です。

フロートリグのメリットは以下の点です。

・飛距離がジグ単に比べ大幅アップ
・そこそこの風でもきちんと飛ぶ
・超軽量ジグヘッドをロングキャストできる

逆にデメリットとしては以下の点が挙げられます。

・リグセッティングが面倒
・リグが絡むことがある
・ボトムを探るのには適していない
・PEラインが必須(ノットを組む必要がある)
・狭い場所だと飛びすぎて対岸に引っ掛かる

ライトゲームにおける『フロートリグ』 強みは飛距離だけではない?軽いジグヘッドを遠投できる(提供:WEBライター・檜垣修平)

最大のメリットは「浮いたまま」

フロートにはいろいろなタイプがありますが、下の写真のフロートは自重が10gほどあります。

ライトゲームにおける『フロートリグ』 強みは飛距離だけではない?筆者愛用のフロート(提供:WEBライター・檜垣修平)

さらに、このフロートは浮くタイプで、浮力が1g分あります。つまり理論上は1g以下のジグヘッドを使えば、ずっと水面に浮いたままの状態となるわけです。フロート最大のメリットは、この「浮いたまま魚を誘えること」にあると僕は思っています。

ジグ単の場合、放っておくとルアーは沈もうとするので、巻き続ける必要があります。重いジグヘッドならなおさら速く巻かなくてはなりません。

たとえば、沖に浅くなった岩礁帯があるとします。ジグヘッドでは巻き続けるのが基本なので、釣れそうなポイントをすぐに通り過ぎてしまいます。それに対してフロートの場合、浮力を超えないジグヘッドを付けていれば、そこで巻くのをやめてルアーを留めることが可能に。「一番おいしいポイントで長時間アピールし続けられる」ということです。

次のページでフロートの種類&タックルを解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。