『キビレゲーム』で本命2尾 ズル引きにアタリ【静岡・奥浜名湖】

『キビレゲーム』で本命2尾 ズル引きにアタリ【静岡・奥浜名湖】

6月6日、1年ぶりに奥浜名湖へ行ってみようと、午後5時すぎに名古屋を出発。ポイント開拓をしつつ、本命2尾をキャッチできた釣行をレポート。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

奥浜名湖でキビレゲーム

奥浜名湖は遠浅エリアが多いことからウエーディグのイメージが強いが、今回は普段名港でやっているスタイルのズル引きキビレゲームをメインに、どこまで通用するのか試してみる。

今回は行ったことのないポイントとなるが、少しでも遠浅エリアでないであろう場所を探してランガンプラン。潮周りは舞阪表示で大潮満潮午後7時6分で125cm。奥浜名湖はタイムラグが生じて、2~3時間ほど遅れるようだ。

出発から1時間ちょっとで静岡県浜松市の浜名湖に着。まだ日は落ちていないので、明るい内に2~3カ所偵察。7時30分ごろ、目星を付けた猪鼻湖西側で釣りを開始した。

まずはボトムをチェック

ボトムがどんなものか、まずは5gのネガカリノタテでスタート。手前のゴロタから少し先にブレイクがあり、その先は砂地のようで、撃ち歩きながら沖に何かストラクチャーがないか探ってみる。障害物に当たる所を丹念に探ると、タイっぽいアタリがあるが乗せきれない。さらに7gに替えてもう少し沖を探ると、カキ殻が引っ掛かってくるが、スタックするほどでもない。

所々の沖でボトムをリズムよく引ける場所も見つけた。いい感じのポイントだがアタリがないので、恐らくタイミングだろうと予測し、次は前回釣れた奥浜名湖西側に向かう。しばらく撃ってみるが、私にはバイトすらなく少し離れて場所で河辺氏が何やら釣れたようで、見てみると何と小さいカサゴ…。それも連発。

本命キビレをキャッチ

カサゴバイトのみで沖は海藻だらけだったので、再び移動。次に入ったポイントは明るい時間帯に偵察していたワンド状のポイントだ。風裏のポイントで無風。取りあえず投げてみないと分からないので、まずは5gのネガカリノタテから。

ここも海藻とカキ殻が沖に点在しており、ボトムを中心に攻めていると河辺氏にヒット。寄せてくるとキビレ。うらやましい1匹だ。

『キビレゲーム』で本命2尾 ズル引きにアタリ【静岡・奥浜名湖】ファーストヒットは釣友の河辺さん(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

キビレがいることは確信できたので追加を試みるが、時合いが短いのかすぐにアタリが遠のいてしまった。

猪鼻湖でキビレをキャッチ

次のポイントは人がたくさんで入るスペースがない。時刻は午後11時を回っていた。ここで最初に入った猪鼻湖のポイントへ向かう。水位も増えていて取り込みもしやすく、緩やかな風もある。ラスト勝負だ。

7gのチヌ魂+ガルプベビースクイッドをチョイス。沖へフルキャストし、ボトムのカキ殻付近を探る。この時にルアーがつんのめる感じではなく、コンコンコンとリズムよく引けるポイントを探す。

いい感じのポイントを見つけて集中的に攻めていると、前アタリと同時に待ってましたのフルフッキング。タイ独特の叩く引きだ。慎重に寄せてネットイン。ようやくキビレをゲット。かなりうれしい1匹だ。

『キビレゲーム』で本命2尾 ズル引きにアタリ【静岡・奥浜名湖】待望の1匹は猪鼻湖で(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

キビレゲームの醍醐味

しばらくして今度は小さいが1匹追加。違うルアーでも釣れないかと、バイブレーションやMリグを通してみるが、こちらは無反応。

『キビレゲーム』で本命2尾 ズル引きにアタリ【静岡・奥浜名湖】小型ながら2匹目(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

河辺氏も、少し離れた所でキビレをゲット。やはり沖で掛けたらしく、満足の1匹だ。その後、たまにバイトが出る程度で、日付も変わって深夜1時30分を回っていたので終了とした。

新たな場所でどう攻略してバイトに持ち込むか。そして釣ったときのうれしさも釣りの醍醐味である。また実績ポイントもできたしチャレンジしたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浜名湖
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年6月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。